« 9/20(土)公開シンポ「今、危機にある岐阜の生きものたち~岐阜市版レッドリスト作成に向けて~」 | Main | シンポジウムお礼 »

2014.11.04

2014.11.17公開シンポジウム「日本の外来魚問題の現状を考える」

11/17(月)に神奈川県立生命の星・地球博物館において日本魚類学会年会の企画として公開シンポジウムを開催いたします.

 外来生物法が施行されて10年,外来種問題はどうなったのか?
 当時物議をかもしたブラックバス問題は?

 ご興味のある方は,是非ご参加いただければ幸いです.

Pos_gairai01_500px

チラシのダウンロードはこちらから

(図案Aタイプ)
http://www.fish-isj.jp/event/2014/pos_gairai01.pdf

(図案Bタイプ)
http://www.fish-isj.jp/event/2014/pos_gairai02.pdf

************************************************

2014年度魚類学会シンポジウム

日本の外来魚問題の現状を考える:外来生物法制定から10年で何が変わったのか?

日時:11月17日(月)
場所:神奈川県立 生命の星・地球博物館 SEISAミュージアムシアター(第1会場)
参加資格・定員:一般公開・定員なし
当日参加費:¥2000円(事前申し込み不要)

コンビーナー:向井貴彦(岐阜大地域)・淀太我(三重大院生物資源)・中井克樹(琵琶湖博)・瀬能宏(神奈川県博)

連絡先: 向井貴彦(〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 岐阜大学地域科学部)

<プログラム>

1. 13:00-13:20 わが国の外来種対策の現状:「愛知目標」の達成に向けて
  立田理一郎(環境省自然環境局外来生物対策室)

2. 13:20-13:40 全国スケールでみた外来魚の侵入が在来魚の多様性に与える影響
  松崎慎一郎(国立環境研)

3. 13:40-14:00 止まらないブラックバスの違法放流
  宮崎佑介・瀬能 宏(神奈川県博)

4. 14:00-14:2 “フロリダバス”の拡散,増加
  北川忠生(近大農)・淀 太我(三重大院生物資源)

(休憩)

5. 14:25-14:45 駆除の実践と成果の現状1 伊豆沼
  藤本泰文・芦澤淳(伊豆沼財団)・高橋清孝(シナイモツゴ郷の会)

6. 14:45-15:05 駆除の実践と成果の現状2 深泥池
  竹門康弘(京大防災研)・安部倉完(京大工)

7. 15:05-15:25 長野県の3湖沼におけるオオクチバス完全駆除の試み
  片野 修(増養殖研)

8. 15:25-15:45 霞ヶ浦におけるチャネルキャットフィッシュの生態と被害事例
  荒山和則(茨城県漁政課)・半澤浩美(茨城県水試)・亀井涼平(東京海洋大海洋科学)・加納光樹(茨城大広域水圏セ)

9. 15:45-16:05 カダヤシの放流実態と試行的対策:徳島県を中心として
  田代優秋((社)地域資源研究センター)・佐藤陽一(徳島県博)・上月康則(徳島大院ソシオテクノサイエンス)

(休憩)

10. 16:10-16:30 サケ科魚類における外来魚問題~北海道と本州の比較~
  長谷川 功(北水研)・坪井潤一(増養殖研)・長瀬崇(宮川下流漁協)

11. 16:30-16:50 国内外来種問題
  向井貴彦(岐阜大地域)

12. 16:50-17:10 魚類の外来種対策の現状と課題
  中井克樹(琵琶湖博)

13. 17:10-17:30 総合質疑

 

[シンポジウムの趣旨]

 外来種は生態系に大きな変化を引き起こし,農林水産業に多大な被害をもたらすとともに,地域在来の生物の局所絶滅などの不可逆的な変化の原因となることから、外来種問題の重大さは社会的に広く認識されつつある.日本国内では,2004年に外来生物法が制定され,特定外来生物として指定さ れた生物の輸入・飼育・販売・野外に放つことなどが厳しく禁じられるようになった.また,2010年に愛知県・名古屋市で開催された生物多様性条 約第10回締約国会議(CBD-COP10)においても主要な課題の一つとして外来種対策が検討され,国や自治体による外来種防除事業も進められている.

 魚類については,オオクチバスやチャネルキャットフィッシュなど8種が特定外来生物に指定されて10年が経とうとしている.外来生物法の施行によって,これらの外来魚による問題は改善されつつあるのだろうか? また,外来生物法で指定されていない外来魚も広がり続けている.水産利用の盛 んなサケ科魚類やコイ科魚類の国内外を起源とする外来種の問題や,国内外来魚による在来個体群の遺伝的攪乱についても,現状の解明と保全策の提案 が必要だろう.

 そこで,本シンポジウムでは,外来生物法施行後の外来魚対策の現状と問題点を概観するとともに,今後の対策が必要な外来魚についての研究事例を紹介し,自然環境保全のための議論の場を提供したい.

************************************************

|

« 9/20(土)公開シンポ「今、危機にある岐阜の生きものたち~岐阜市版レッドリスト作成に向けて~」 | Main | シンポジウムお礼 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/60596613

Listed below are links to weblogs that reference 2014.11.17公開シンポジウム「日本の外来魚問題の現状を考える」:

« 9/20(土)公開シンポ「今、危機にある岐阜の生きものたち~岐阜市版レッドリスト作成に向けて~」 | Main | シンポジウムお礼 »