« 「いわな 川と森の生きものたち」 | Main | 【皆で考えてみましょう】環境行政についての設問 »

2013.11.19

ニュースを読む試験

<問. 次の二つのニュースを読み比べてみましょう.>

【長野】 松本市の水道使用量が減少傾向 合併の人口増反映せず http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20131119/CK2013111902000015.html

【三重】 「川上ダムないと水不足」 伊賀市水道部、調査まとめる http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20131119/CK2013111902000022.html

<解答例>

 松本市の事例は,「使用量」が減少している.

 近年の水需要の減少は一般的な傾向であり,同様な事例は他の自治体でもおきている.(「水道使用量 値上げ」でネット検索すれば他の事例もわかる) したがって,今後の水源開発において過度の設備投資(ダム建設など)がおこなわれると,費用が回収できずに水道料金値上げにつながる可能性が高くなる.

 伊賀市の事例は,「給水量」が不足することになると主張している.

 給水量は,実際の使用量ではない.そのため,必要以上の過大な給水量が計画することで,ダムを建設しなければ給水量が賄えない計算を容易に机上で作り出すことができる.

 実際の使用量を無視して利水計画を立ててダム建設を行った場合,使用量が増大すれば水道料金の収入が増大するためにダム建設とそれに伴う給水設備の建設費に充てることができるが,使用量が増えなければ,水道料金を値上げすることになると考えられる.

<結論>

1.過大な水需要の予測

2.ダム建設

3.水道使用量の減少

4.水道料金の値上げ

もしくは,

1.過大な水需要の予測

2.ダム建設

3.水道使用量の減少

4.水道水の使用増加の呼びかけ

5.市民の水道水使用増

6.今後の水需要が増加と予測

2に戻る (以下,無限ループ)

|

« 「いわな 川と森の生きものたち」 | Main | 【皆で考えてみましょう】環境行政についての設問 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/58606559

Listed below are links to weblogs that reference ニュースを読む試験:

« 「いわな 川と森の生きものたち」 | Main | 【皆で考えてみましょう】環境行政についての設問 »