« 11月と12月の巡業予定 | Main | 「いわな 川と森の生きものたち」 »

2013.11.08

ハンター試験(ガチ),受験してきました

岐阜に棲んでいると外来哺乳類とか獣害とかが身近なわけですが,淡水魚の研究をしていてもヌートリアを頻繁に見かけるので,ここはひとつ獲って食おうと思って狩猟免許を取ることにしました.

 別に一生ヌートリアだけを狩って生きるつもりではないのですが,いきなりシシやシカは敷居が高いので,まずは手ごろなヌーから始めようかと.今からそうして獣を獲ることに慣れておけば,年を取って定年後に農漁猟を楽しむことにもつながるかという人生設計もあったりしての話です(笑)

 そんなわけで,9月25日に狩猟わな講習を受けておいて,今日(11/9)はついに狩猟免許試験でした.

 もう,試験対策はばっちり!……なわけではなく,研究者キラーとでも言うべき学会の役職を複数持っているし,大学内の委員会とか,講義会議,週末の講演,出前授業とかあって,なーんにも試験勉強をせずにおりました.昨日(11/8)も愛知県F町のN高校に出前授業に出かけていたので,結局,夜になって問題集をパラパラと30分ほど.そして,試験当日の朝に30分ほど.……「受験生」の風上にも置けない態度ですが,たぶん,普通に動物の好きなナチュラリストなら,このくらいで充分頭に入るくらいの試験問題です.(落とすための試験ではなく,最低限必要な知識があるか確認するためだからでしょう)

 そして,今朝は車で1時間弱の距離にある試験会場へ.

 朝9時から9時半が受付だったので,9時10分くらいに行ったら,すでにほとんどの受験者が来ていました.わな免許受験者が60名くらいで,銃(一種,二種,わなと併願合わせて)が20名くらい.岐阜県の西濃・岐阜地域だけでこの人数なので,県全体では毎年かなりの数のハンターが誕生しているようです.この人数で,みんながシカやイノシシを狩っていたら獣害なんかすぐに無くなりそうなんですけどねぇ…

 さて,知識試験(筆記試験)は3択問題が30問.前夜と今朝,合わせて1時間程度問題集を見ておいたおかげで楽勝でしたが,さすがに全く勉強しなかったらいくつか間違えてたと思います.知識試験と適性試験(聴力・視力・体の動き)が終わったのが10時半くらいで,午後の実技まで2時間以上ヒマでした.

 ちなみに知識試験.10名弱は不合格だったので,周りの席にいた年配の(60~70代くらい?)おじさんたちの仲間が一人脱落して,先に帰宅してました…

 午後の実技は,狩猟獣と非狩猟獣の見分け,禁止猟具の見分け,わなの架設の実技でしたが,狩猟免許講習会に出ておいたので,これも楽勝.受験番号が早かったので,さっさと終わって合格発表までまた2時間ほど待ち時間でした… さすがに午前午後あわせて4時間も待たされると持参した本も読み終わってしまうので,しょうがないから3DSを取り出して,こっそりと違う狩りに行ったりしてました(集会所下位の原生林でリオレイアとグラビモスとかに…).

 おじさんグループは,午前の試験で一人脱落したこともあって不安だったのか,狩猟獣の見分けの答えの書き方を間違えた,とか,わなの架設がうまいこといかんかった,とか,ずっと話してました.年配の方たちだけど,中高生みたいでしたね.まぁ,同じ話がループしているところが中高生とは違ったけど(笑)

 結局,実技試験は15時頃に全員終わったようで,15時半ころに合格発表がありました.「ここにいるみなさん全員合格です」と言われた瞬間に,「おぉー…」と,どよめきがあって皆で自然に拍手が起こりました.いやはや,よかったよかった.

 あとは,月末に免許を交付してもらうわけですが,その後さらに狩猟者登録をして,わなを買って,それでようやく獣が獲れるようになるわけです.まだ先は長いなー…

|

« 11月と12月の巡業予定 | Main | 「いわな 川と森の生きものたち」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/58538649

Listed below are links to weblogs that reference ハンター試験(ガチ),受験してきました:

« 11月と12月の巡業予定 | Main | 「いわな 川と森の生きものたち」 »