« 9/29(日) なごや環境大学「よみがえれ長良川!」 | Main | 2013.11.4と2013.12.8「特定外来生物移入防止研修会」 »

2013.10.01

日本魚類学会年会@宮崎(10/3-10/6)

10/29の「なごや環境大学」も無事終わり,約50名ほどの方に長良川の上流から下流まで見られる代表的な魚たちのことや,長良川の自然環境の変化についてお話ししました.

 そのあと,夕方からは長良川下流域生物相調査団の事務局長として尽力されていた伊東祐朔先生の新著「終わらない河口堰問題 長良川に沈む生命と血税」の出版記念会に出席してきました.

 長良川下流域生物相調査団は,長良川河口堰ができるときに,長良川の下流域がどのような環境で,どのような生物がいるのか,ということを建設の是非に関係なく調査しようということで結成されたものです.しかし,実際に調査していくうちに,建設省がいかにウソばかりつき,自然や市民をないがしろにしているかということを経験することになり,さらには河口堰によって多くの下流域の生物に著しい影響が生じることが明らかになることで,結果的に反対派と見なされ,河口堰運用後は予想通りに環境が悪化した状態を調査することになったという一連の話が記されています.

 読みやすいように話口調で書かれた本で,具体的なデータは「長良川下流域生物相調査報告書2010」に掲載されています.

 もちろん,この本の内容が長良川河口堰問題のすべてではなく,あくまでも伊東さんが体験された一面ではありますが,いずれにしても,この国の河川行政の腐敗ぶりを知るための入門書としても良いかと思います.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 さて,それはともかく,10/3から日本魚類学会年会が宮崎観光ホテルで開催されます.

 プログラムはこちら

 ボク自身は,幹事で評議員なので10/2の夜に宮崎入りして,10/7の朝の飛行機で帰ってきます.5泊もするけど,だいたい夜はヒマなので(トモダチ少ない(いない?)のでw),もしも万一,MH4を一緒にやってもいいよー,という方がいましたら一声かけてください.年会会場となる宮崎観光ホテルに泊まってますので.(ただし,HR2の村ハンターなので,ランク上げとかは手伝えませんヨ)

|

« 9/29(日) なごや環境大学「よみがえれ長良川!」 | Main | 2013.11.4と2013.12.8「特定外来生物移入防止研修会」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/58302383

Listed below are links to weblogs that reference 日本魚類学会年会@宮崎(10/3-10/6):

« 9/29(日) なごや環境大学「よみがえれ長良川!」 | Main | 2013.11.4と2013.12.8「特定外来生物移入防止研修会」 »