« 岩波生物学辞典第5版 | Main | 長良川のアユ遡上量と河口堰の影響 »

2013.04.28

亀岡市アユモドキ問題 これまでのまとめ

京都府亀岡市において,アユモドキの生息地にサッカースタジアムを建設するという計画があります.この問題についてちゃんと紹介した文章があった方が良いと思ったので,簡単にまとめてみました.

 なお,亀岡市のアユモドキの生息地保護のために何かできることがしたい,という場合は,次のような手段をご検討ください.

・署名
(電子署名サイトもあります → 天然記念物のアユモドキの生息地破壊につながるサッカースタジアムの建設をやめてほしい!)

・自分の所属する学会等にアクションを起こしてもらうように要望する
(自然保護協会とかWWFJとかって,何か行動してるんでしょうか……何も動きが見えませんが)

・新聞に投書する
(投書がいくつかあると,新聞記者さんもやる気が出るかも)

・京都府,亀岡市に意見を言う
(メールよりも電話がベターなようです.メールは無視されたり届かなかったことにされがち)

 以下,簡単なまとめ.

◆国の天然記念物であり種の保存法指定種のアユモドキ

 アユモドキという淡水魚は日本固有種で,琵琶湖淀川水系から山陽地方にかけて分布していたドジョウの仲間です.その姿は,普通のドジョウとは大きく異なっており,東南アジアには似た姿の魚がたくさんいますが,日本では非常に珍しい姿の魚です.

 現在では,これまでの分布域のほとんどすべてで絶滅し,琵琶湖淀川水系では京都府亀岡市の桂川水系のみ,山陽地方では岡山県の一部地域のみに生息しています.

アユモドキの姿など見るならこちら
NHK ダーウィンが来た「幻の魚が用水路にいた」
京都府レッドデータブック アユモドキ

 アユモドキは,河川本流から支流で生活し,産卵のために水田や氾濫原に遡上します.通常は陸地になっているけれど梅雨時に湿地化する環境が繁殖場所で,日本では昔ながらの水田が繁殖場所になっていました.

 アユモドキは河川から,そのような水田・湿地まで移動するため,

水路が堰で区切られることによって移動ができなくなったり,
水路がコンクリートの三面張りになって,移動中に休んだり産卵前後に生活する環境が失われたり,
圃場整備によって水田と水路の間の落差が大きくなって,水路から水田に遡上できなくなったり,

といった原因で生育・繁殖ができなくなって,今では世界中で2カ所(岡山と亀岡)にしか残っていません

 そのため,国の天然記念物に指定され,なおかつ種の保存法の指定種となっており,採集や飼育,売買が禁止されています.

◆アユモドキの保全活動の現状

 希少魚種の保全については,生息地の環境を維持することが基本となりますが,ごく限られた場所にしか個体群が残っていない場合は,偶発的な事故などによる絶滅を避けるため,飼育下での系統保存や,一度絶滅してしまった場所の環境を復元して放流(再導入)することで,絶滅することを回避するようにしています.アユモドキについて,それぞれの活動は次のようになっています.
(参考 → 魚類学雑誌54巻2号pp.234-238 「シリーズ 日本の希少魚類の現状と課題 アユモドキ」

・生息地の保護

 岡山市と京都府亀岡市では,地元の市民グループと研究者によって生息地の保護活動が続けられてきたため,現在までアユモドキが生息できる状況が続いてきました.

 しかし,亀岡市ではサッカースタジアム建設によって,生息地の環境は大きく改変されます.

・飼育下での系統保存

 アユモドキの飼育下での繁殖は,ホルモン注射によって人工的に成熟させて,人工授精によって受精卵を得ます(参考→ 大阪府立 環境農林水産総合研究所 希少種保護 ).そのため,飼育下での個体の維持は可能ですが,そのような人工的な系統保存を何十年と続けた場合,将来的に野生復帰が可能かどうかは不明です.

 あくまでも,人工繁殖は野生での絶滅に備えた予備的な対策と考えた方が良いでしょう.

・生息地の復元,産卵場所の増設

 アユモドキは河川から水田までつながった広くて多様な環境を必要とするため(ただし,昔の日本にはそのような環境は普通に存在した),人工的にアユモドキの生息環境を造成することは困難で,これまでに生息地を造成できた事例はありません.現在の生息地の近傍に試験的に産卵場所を増設することは可能だと考えられますが,まだ成功事例はありません.

 生息地を維持した上で,隣接する産卵場所の増設さえ成功事例が無い現状で,新規生息地の造成が成功する見込みは,今のところありません.

◆亀岡市における問題

 亀岡市におけるサッカー場誘致の裏事情は,私にはわかりません.

 しかし,亀岡市のアユモドキは琵琶湖淀川水系における唯一残された個体群であり,環境省,文化庁,研究者なども関わって,地元自治体(京都府,亀岡市)の環境担当部局もともに保全活動が行われてきました.それにもかかわらず,そうした関係者には一切相談せず,まずはスタジアムを誘致して,建設が決定されたものとしてしまってから,アユモドキの保護地を新たに作る,ということになっています.

 京都府内でのスタジアム建設については,複数の候補地を挙げさせて,その中で京都府が選定するという形式だったため,候補地として名乗りを上げた亀岡市だけでなく,選定した京都府にも大きな責任があります.

 これらの自治体は,スタジアム建設がアユモドキに及ぼす影響,新たな代替生息地を作るとした場合の成功の見込みなどを,一切専門家に相談せずに(つまり,全く検討せずに),亀岡市でのスタジアム建設を決定したことが,日本魚類学会による公開質問状への回答で明らかです.

→日本魚類学会からの公開質問状京都府の回答亀岡市の回答

その他参考サイト

京都・亀岡 保津川自然倶楽部(ツイッター)

 →京都・亀岡 保津川自然倶楽部さんの京都府回答の解説
 →京都・亀岡 保津川自然倶楽部さんの亀岡市回答の解説

ツイッターのまとめ

亀岡サッカースタジアム建設計画 まとめI
亀岡サッカースタジアム建設計画 まとめII
亀岡サッカースタジアム建設計画 まとめIII
亀岡サッカースタジアム建設計画 まとめIV

亀岡市議会議員 酒井あきこさんのブログ
(ブログ更新記事に関連するものが複数あり)

|

« 岩波生物学辞典第5版 | Main | 長良川のアユ遡上量と河口堰の影響 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/57263539

Listed below are links to weblogs that reference 亀岡市アユモドキ問題 これまでのまとめ:

« 岩波生物学辞典第5版 | Main | 長良川のアユ遡上量と河口堰の影響 »