« 2012年度前期 動物生態学試験問題 | Main | 岐阜大学フェア2012 »

2012.08.15

この夏読んだ本とか映画とか

◆この夏の話題の映画がいろいろあるので,レイトショーでちょこちょこ見に行ってみました.とりあえず先月くらいから「アメイジング・スパイダーマン」「ダークナイト・ライジング」「おおかみこどもの雨と雪」という,ふつーのラインナップを鑑賞.アベンジャーズも見たい気持ちもあるんだけど,超ウルトラ8兄弟のハリウッド版かなぁ……などと思ったりして,ちょっと迷い中(笑).

 しかし,正直に言うと,3作とも悪くはないんだけど物足りない.ハリウッドの大作は,さすがのハラハラドキドキアクションです.細田監督は安定した感じ.でも,どれも,話の大前提となる突飛な設定はOKとして,そこから生じる物語の随所に納得のいかない不自然な描写がてんこ盛りで,どうもすんなり世界に入っていけない.やはりダークナイトやサマーウォーズが良すぎたのかなぁ,と…

 個人的には,GW頃に公開されていた映画「バトルシップ」のノリノリな感じとか,結構前の映画だけど,今こそ見るべきと思ってア○ゾンでDVDを買った「東京原発」とかが,最近見た中では良かったかな.

 

 

◆お盆休みの間に,奥能登の珠洲まで「いしる」と「よしる」を買うために遠征ドライブ.通販で買った方が,よっぽど安いのだけど,ま,そこは道楽ということで(笑)

 天気が良ければ泳ぐつもりだったのですが,あいにくの雨だったため,帰路に「のとじま水族館」を鑑賞.新しく作られた大水槽にジンベイザメが泳いでいました.金を積んで南の魚を買いあさったのかと思っていたところ,帰宅後に能登の情報誌を読んでいたら,地元の定置網にかかるジンベイザメを入手して展示しているとのこと.これ以上大きくなると水槽から出せなくなるということで,もう少し小さいジンベイが採れたら交代させて海にかえしてやりたいらしい.狭い水槽で一生飼い殺しかと思っていたので,ちょっといい感じですね.

 他にも,流れ藻につくシイラの幼魚とか,トビウオ類の幼魚とか,あんまり他では見ない魚が見れて良かったです.

 

 

◆最近購入した本とかも,少し書いておきます.

写真集「里山に生きる仲間たち 人間と生きものが共生する奥能登」

珠洲市に行ったので,ついでに道の駅「すずなり」とかによっていろいろ見ていたら,奥能登の生物の写真集がありました.最近出版されたばっかりだったようで,良いタイミングでした.奥能登までの道中は,本当に緑が豊かで,美しかったのですが,そうした美しさが表現されていて,いい感じでした♪

日本のトンボ

これも7月に出ていた本で,近所の書店で見かけて即買いしました.

こういう網羅的な図鑑があると安心です.数万円の日本産トンボ図鑑には手が出ない庶民研究者にも購入できるお値段ですし.

川魚の採集と飼育を楽しむための本

これも7月に出てたのを書店で即買い.類書は定期的にいろいろな出版社から発売されているけれど,そうした中では,かなり良い.採集から飼育まで基本を押さえているし,採集禁止に関する法令のこともちゃんと説明されている.誤同定もない.

一見地味な装丁ですが,最近の淡水魚関係の出版物ではおススメの一冊.

・ビブリア古書堂の事件手帖 ー 栞子さんと奇妙な客人たち

 新聞広告とかで見て,本屋でも平積みだったので気になって買ってみた本.いわゆるライトノベルのたぐいなのかな? (ラノベは30年くらい前に新井素子さんの小説をいろいろ読んでたくらいしか経験が無いので,最近のは知らない.アニメになったものは,少し見てる)

 人気があるだけあって,読みやすく,おもしろい.本好きの女性って,素敵だな~と思うのは,男の子の一般的な妄想かもしれませんがw そういえば,同じ学部の文学の某先生とかも,本に埋もれた研究室に住んでおられるな……

|

« 2012年度前期 動物生態学試験問題 | Main | 岐阜大学フェア2012 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/55430024

Listed below are links to weblogs that reference この夏読んだ本とか映画とか:

« 2012年度前期 動物生態学試験問題 | Main | 岐阜大学フェア2012 »