« 春 | Main | 簡単にできる個体数調査法実習 »

2012.04.26

魚の本

そういえば,魚の本のことを書こうと思っていたのに,なかなか余力が無くて書けずにいました.

◆「やんばるの川といきもの」沖縄美ら海水族館 編.¥500円+税

P40612122_4

 2月に沖縄に行ったとき購入した50ページの小冊子.美ら海水族館の売店で売ってました.

 綺麗な写真も多いし,沖縄の川のことがわかりやすく紹介されています.使われている写真の素材も沖縄っぽいですよ! 特にメダカとかドジョウとか! (←わかる人だけわかってくれればいいのですw)

 

 

 

◆「東京湾の魚類」 河野 博 (監修),加納光樹・横尾俊博 (編集) ,平凡社.¥3200円+税.

 

 昨年末に出た本で,買ってすぐに読みました.読み応え十分で,写真を見るだけでなく読み物としても大変優れてます.海水魚は種数が多いので全種が掲載されているわけではありませんが,かなりフォローされています.誤同定も少なそうです.(シマハゼが…?とか,若干はあるかも)

 東京湾に長く関わってきた研究者たちの入魂の一冊なので,都市化していく海の環境,そこに住む魚たち,いなくなったもの,かつての海辺の姿,いろいろな情報が詰まっています.

|

« 春 | Main | 簡単にできる個体数調査法実習 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/54567007

Listed below are links to weblogs that reference 魚の本:

« 春 | Main | 簡単にできる個体数調査法実習 »