« August 2011 | Main | October 2011 »

September 2011

2011.09.27

写真展「よみがえれ長良川」

岐阜駅のハートフルスクエアGの2階で「よみがえれ長良川」の写真展開催中です.9/30まで.
 
 
P9251022
 
 
P9251023
 
 
 基本的には廊下での展示なのでタダで見られます.河口堰建設前の長良川の河口から源流までの21枚.
 美しいです……
 
 3000円以上カンパして,欲しい写真を備え付けの紙に書いておけば,展示終了後に抽選で額縁ごと写真がもらえるらしいのですが,結構たくさんの紙が集まってました.
 
 小規模なので遠方から交通費を使って来てもらうのは気が引けますが,お近くの方はどうぞ.
 ボクは一度1人で見たのですが,今日(9/26),学生達と一緒に魚類学会に行くための切符を買いに岐阜駅に来たので再度見てきました.一人で見るよりも,地元育ちの子たちと一緒に見ると楽しいですね.
 
 
◆9/25(日)は,うちの近所の長良川河川敷で観察会.
 
 
P9250999
哺乳類が専門のK先生がいきなり草むらに入っていったと思うと…
 
 
P9251000
カヤネズミの巣でした.空き巣だったようです.
 
 
P9251009
オニグルミが実をつけていましたが,食べるにはまだ早いようです.
 
 
P9251013
川原の砂地にはアリジゴクがいました.
 
 
P9251021
これはキイロスズメの幼虫かな? ひときわ目を引く巨大イモムシです.
 
 
 他にも撮影できた昆虫写真はミクシに載せときました.
 
 
 長良川は,まだ水量が多めでしたが,透明度の高いきれいな水でした.大水が何回かあったので,お盆の頃の猛暑で出来た汚れはすっかり洗い流されてました.もうちょっと気温が高ければ,まだ何度か泳ぎたかったな~
 
 
◆9/26(月),昼間は学生と学会行きおよび後期のゼミ関連の打ち合わせなどなど.
 溜まっていた査読は済ませることが出来たので(短いコメントでrejectって書いてしまいましたがgawk),最近新たに来た原稿の査読依頼があと一つ.
 夜,家に帰ったらチョウセンカマキリがいました.
 
 P9261025
ここ数年,コカマキリやハラビロカマキリを見る機会はしばしばあったのに,この種類はちょっとご無沙汰でした.
 
 
◆「狩り」については,結局AGガンスの装備をいじってガード強化スキルをつけることで「カウンターバランス」を日曜日にソロクリア.しかし,「狩人の矜持」も「カウンターバランス」も,学生達と一緒にやると,複数名なのですごく簡単でした… あんなに1人で苦労したのにdespair

| | TrackBack (0)

2011.09.25

長良川おんぱく

◆そういえば,この10月から岐阜市で次のイベントがあります.


長良川おんぱく -長良川温泉博覧会-
 
 「温泉博覧会」と言っても,温泉だけのイベントではなく,岐阜や長良川に関するイベントを期間中にいーーーっぱいやるから,好きなのに参加してみてくださいね,というものです.もちろん,長良川近辺の温泉に日帰り入浴するのが安くなりますよ,というのもあります.
 
 とりあえず,ボクは次の二つに参加申し込み済み.
 
 
 10/22 「作家・山口敏太郎と行く岐阜妖怪ツアー」(すでに満席)
 
 10/23 「女妖怪博士の岐阜妖怪百話
 
 ボクはどちらもかなり早めに申し込んでおいたのです.岐阜妖怪百話はまだ空きがあるみたいですが,みんな美人妖怪は好きじゃないのかな?
 
 自然観察系は,下手に参加すると手伝わされるかもしれないのでパス(笑) あくまで趣味人として,おんぱくに参加します.
 
 
◆ついでに趣味の話.
 
 モンハンはMH3GだけでなくMH4もニンテンドー3DSで開発されているようで,イメージPVが出てます.
 
http://www.youtube.com/watch?v=uj_iJL5EEKo
 ブログ内に直接動画を貼ると,このブログの横幅に収まらないので…
 
 う~ん,すごいけど,こんなん操作できるのか? 逃げるだけで精一杯じゃん.
 
 
 それと,最近のMHP3のDLクエストも,なかなか難しいなぁ…
 先週の「狩人の矜持」は,スラッシュアックスでは無理だったからAGガンス装備を作って,何回か練習したら出来るようになったので矜持は保てたのですが,今週の「カウンターバランス」は無理っぽい.
 アグナコトルとアグナコトル亜種の闘技場だけど,二匹がビチビチと泳ぎ回ったり,なぎ払いの熱線(もしくは冷線)を吐きまくると,こちらは逃げるだけで精一杯.あせってなんとか攻撃しようとすると,もう,ね…
(´;ω;`)ウウ・・・ オイラニハ,ムリデス

| | TrackBack (0)

2011.09.24

秋晴れ

9/22-23は三重大でデスクワークなどして,9/23の夜に岐阜に帰宅.
 
で,9/24の土曜日は久しぶりに休日で,しかも秋晴れの晴天!
 
起きたのは昼前でしたが,これまで休日でも天気が悪くて布団が干せないことが何ヶ月も続いていたので,ようやっとシーツ等を洗って布団を干して,部屋を一通り掃除! もちろん,べっぴんさんになるためにトイレ掃除もしっかりしました!

 ホントに,何ヶ月ぶりだろう.休める日があっても天気が悪い日が多かったから,つらかったんです.秋晴れ万歳! 今なら部屋に人を呼べるくらいになってます(呼ぶ予定は無いけど 笑)

| | TrackBack (0)

2011.09.22

岡山ゼミ合宿と台風

昨日・今日と台風の接近通過で,東海地方も東濃や名古屋方面でいろいろ被害があったようですが,岐阜市は雨風ともにたいしたことがなくて平穏でした.本来は平日なので三重に行く予定だったのですが,あちらは暴風雨になりそうだったので,岐阜に疎開して学会発表の準備を済ませていたわけです.今回はヨシノボリの写真をたくさん貼ってみましたのですが,似たような個体の写真をたくさん並べていたらYNB48とかいう言葉が頭に浮かびましたw (実際は43個体しか貼ってませんが,AKBも48人じゃないしね)
 しかし,結構手間がかかったので,昨夜は完徹して,今日ようやくポスターの印刷を発注しました….これで一安心.だけど,すごくねむい……
 
 
P8310842
ちなみにこれは8/31の長良川.これでも水量はそこそこ多い方ですが…
 
 
P9210983
今日はこのくらいまで増水.上の写真と同じ場所から撮影したかったのですが,ちょっと近づけず.
(これでもすでに足元は水に浸かってます)
 
 こういう増水時は,岸際の流れの緩やかなところに魚が溜まるので採集にいいのですが,徹夜後で辛かったので手を出さず.しかし,堤防道路を車で移動していると網を持ったオジサンがちらほら(笑) うーん,実は網を打つにはベストタイミングだったかも.いまさら後悔…
 
 
◆時系列は遡りますが,先週木曜日(9/15)から学生を連れて岡山へ遠征してきました.目的は,とある魚の採集と,学生達に魚類の外部形態と内部形態のスケッチをさせて体の構造の基礎を教え,正確な同定をするための基礎知識を教えること.毎年のことですが岡山大学の牛窓臨海実験所にお世話になってきました.

 今回は,ちゃんと教えとこうと思ったので,結構しっかりスケッチさせました.
 内容的には,到着後に魚の採集に出て,夕食後に鰭立てをしてスケッチ.

プロポーションが大切,
ヒレの位置関係をちゃんと見ろ,
ウロコの枚数,ヒレの条数を正しく描け,
ひげなどの付属器官を見落とすな,

などなど指導しつつ,さらに外部形態を描けたら解剖して消化器,生殖器,循環器などの基本パーツの腑分けとスケッチ.
 
 実習室は宿泊棟にあるので,時間はいつまでかかってもいいからな~,ただし,夜十時過ぎたらボクはビールでも飲みながら生暖かく見守るのでヨロシク,と言ったら不平が出てましたが(笑),なんだかんだでテコ入れして10時過ぎにスケッチ終了.その後,食堂で酒を飲んで,「狩り」に出て初日は終了しました.ただ,「狩り」は酔っ払った状態で「王族の招宴」などやったもんだからさんざんでした.まったく勝てやしねぇ.3人がかりで5分以内に瞬殺されるとか,ありえねー(涙)
 
 
◆岡山二日目(9/16)は,とある淡水魚を採りに車で岡山県内を移動.昼過ぎから雨が降り始めたので,一ヵ所ぼちぼちなところで採集してから実験所に戻る途中で,ちょっと寄り道して温泉へ.夜にはかなり大雨でした.
 
 
P9160924
目的のものではないけど,岐阜にはいないムギツク.こういうのが採れると中国地方に来たなぁ,という感じがします.
 
 
P9160933
中国地方では在来のギギ.結構多いのかな? 幼魚がちらほら.
 
 
P9170962
岐阜にはいない中型種も.なんとなく縞模様にくらっと来て,翌日の帰り道で採った別地点の個体を飼育用に持ち帰ってしまいました(笑) いかんな,こういうのに心惹かれるようになるとは,悪い病気にかかってしまったみたいだ.
 
 
P9160938
魚以外だと,こういうニホンスッポン(たぶん)とか.
研究室にいる「アヤコさん」に比べると,かなり茶色がかって模様がはっきりしてます.
 
 
P9160937
中国地方のニホンスッポンの裏側.現地ではオスかと思ってたんですが,あらためて見直すと,女の子みたいですね.
 
 
◆9/17(土)は,帰路に別水系で採集してから帰宅.
 途中の兵庫県の佐用というところでシカバーガーを昼食に.おいしかったです.
 学生二人がシカソフトアイスを頼んでましたが……おいしいアイスに,おいしいシカ肉のそぼろがたっぷり振りかけられていて……まさにB級グルメ(笑) おいしい×おいしい=微妙w でした.
 
 
◆9/19(日)は研究室で雑用をしつつ,G高校のU君の学会発表のポスター作りの支援.いい感じに仕上がりました.
 
 
◆9/20(月) さすがに疲れて休養&自宅の魚とカメの世話.で,9/21と22は冒頭の通り.

| | TrackBack (0)

2011.09.14

外来魚本と淡水魚図鑑

昨日(9/13)は,岐阜でシーケンサーにサンプルをセットするようにしてから三重大に.
今日(9/14)は,朝から書き物など.
 
 それにしても,このごろ天気がよくて気温が高いぞ? こんな天気だったら,もう少しスノーケリング調査が出来たんじゃないかな…?
 
 
◆愛知県の河口堰検証ですが,専門委員会など見ていてどうにも歯がゆいのは,野生生物とか生物多様性の研究者が委員に含まれていないからですね.
 
 でも,本当はそれじゃあダメなんじゃないのか?
 
 利水・治水についての議論は,開門が可能かどうかの技術面での話として極めて重要ですが,「なぜ開門するのか」ということを問うならば,それは生物多様性等への環境影響が甚大だから,ということになるはずなのです.
(利水・治水の面からは,河口堰が無駄な施設であることは立証できても,コストをかけて開門すべき,という理由にはならない.建設前なら,無駄だから作るな,という正当な理由になるけれど)
 
 ですから,いかに河口堰が生物多様性に負の影響を与えているのか,ということを具体的なデータで論証しなければいけないのに,専門委員会では,やたらとその部分を軽視していて,漁業被害程度しか書かれていないのは,不満を感じずにいられません.河口堰建設前の時と,ほぼ同じメンツで同じ議論をしてるだけじゃないか?というのがいまさら感じた印象.
 
 
 やはり,河口堰建設前と現在との最大の違いは,生物多様性の重要性が社会的に認知され,行政が配慮すべき法的根拠にもなっているということです.
 
 したがって,

●河口堰による生物多様性等への環境影響が甚大であること

●生物多様性国際条約COP10を開催し,「愛知ターゲット」を国際的に提案した愛知県・名古屋市においては,国際的にも,岐阜三重愛知の東海三県においても,生物多様性の保全と回復においてリーダーシップを発揮しなければならないこと

という,「大義」こそアピールすべきではないでしょうか…?

 本当に,専門委員会の皆様の努力には敬服するけど,やはりおのおのの専門である狭い部分にはまり込んでしまう限界を感じます.それと,本当にこの地方には自然のいきものたちを守るための力を持った研究者が不足してるんだなぁ,と…
 
 
 
◆久しぶりに本の紹介.

外国から来た魚―日本の生きものをおびやかす魚たち .松沢陽士 (著),フレーベル館.
 
・ポケット図鑑 日本の淡水魚258.松沢陽士 (著)・松浦啓一(監修),文一総合出版. 
 
 どちらも同じ人の本ですが,「外国から来た魚」は昨年夏に出版された本.ポケット図鑑はつい先日から売っているもの.
 
 「外国から来た魚」は児童書なのですぐに読める本ですが,魅力的な被写体としてブラックバスを撮影していた著者が,その問題に気付くプロセスなど,一読の価値ありでしょう.
 
 ポケット図鑑は,新しいだけあってトウカイヨシノボリとかマングローブゴマハゼとかも載っています.スナヤツメ,カマツカ,ジュズカケハゼあたりも,文章で新しい情報がフォローされています.しかし,ハゼ類については,掲載種数が物足りないかな.
 巻末には条例等で採集が制限されている魚種がリストアップされているので,遠くに採集に行かれる方は法に触れないようにチェックするのに役立ちます.

| | TrackBack (0)

2011.09.13

雑感

モンスターハンター3Gが3DSで発売されることは知っていたけど,モンハン4まで3DSで開発中とは…
 
3DS『モンスターハンター3 G』発売日決定『モンスターハンター4』も開発中 
 
 とりあえずMHP3Gは開発されないのか,あるいはそちらは伏せておいて,まずは3DSを買わせるつもりか……う~む.
 
 
 しかし,プロモを見るとMH3Gも欲しくなってしまうよな…

 
 なぜ水中で笛が吹けるのか,とかよくわからない部分もあるけれど.
 狩猟笛は,以前から笛なのに弦楽器の音が出てたり,太鼓の音が出るという謎の武器でしたから,いまさら水中で吹けるくらいは問題ないですか,そうですかw
 
 
 
 
 
◆さて,以下は毒舌たっぷりのログ.ヤバクなったら削除しますよ!もちろん!

 9/12(月) 愛知県の長良川河口堰検証専門委員会に傍聴に行ってきました.
 7月からの短期間で報告書の案を冊子形式でまとめあげられた委員の先生方の努力には,本当に敬服します.
 
 しかし,御用学者のG大F氏と恥部大工学部長のM氏は酷いもんですね.もう一人の御用学者の冥大T氏は多少なりとも頭が良いのか,勝てない戦場で余計なことは言わないようにしてるみたいで,一切発言しないし.(←しかし,何一つ発言しないのに謝金はもらってるんだろう)
 
長良川河口堰検証アーカイブ by 環境テレビ・中部
http://www.ustream.tv/channel/%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93-%E4%B8%AD%E9%83%A8
 
9/12のはこちら
http://www.ustream.tv/recorded/17229204
 
 
 F氏のように,わけのわからないことをぐちゃぐちゃ言って時間を浪費させるのは,通常の有識者会議における御用学者の行動としては「正しい」のです.なぜなら,公共事業に関する通常の有識者会議は,事業者である河川管理者(国土交通省)が主催し,時間内に審議が尽くせなかった分は事務局(河川管理者)が引き受けるから,「会議で議論をさせない」ことが重要で,その結果として国土交通省がやりたいようにできるからです.(会議を開催した事実さえあれば,有識者に適切な議論をしていただいた,ということにできるから)
 
 恥部大学のM氏は,治水を目的として川底を浚渫した部分に泥が溜まって,浚渫した意味がなくなっている(しかし,国土交通省はあらためて浚渫する予定は無い)ことがデータで示されているのに対して,一部に泥が溜まったかどうかという問題ではない,とかイチャモンをつけるばかり.それでは,どうすれば正確な状況がわかるのかは一切言わない.
 長良川河口堰について少しでも勉強したことがある人なら,治水のための川底の浚渫が河口堰を作らなければならない理由とされていたことを知っているでしょう.つまり,浚渫部分が土砂の堆積で埋まってしまって,それでも治水上何も問題ない,ということであれば,河口堰を作る理由など,そもそも存在しなかったということになるのです.
 ですから,浚渫したところに泥が溜まって元の地形に近づいている,という測量データと,それにもかかわらず国土交通省が浚渫をやる必要が無いとしている,という事実は,長良川河口堰が無意味な建造物であることを明らかに示しています.御用学者としては,それをなんとかしてひっくり返さねばならないのですが,反論するデータなど無いから,イチャモンしかいえないわけです.
 この検証の専門委員会は,データに基づいて専門家が議論する,ということを目的にしているわけですから,データに基づかずにケチをつけてるだけのM氏など,専門家とは呼べないでしょう.同じ大学には,マスコミに愛されているT田邦彦大先生もおられますし,すばらしい大学ですな,まったく.まさに中部地方を代表するにふさわしいwww
( ゚д゚)、ペッ

| | TrackBack (0)

2011.09.12

調査三昧

ふと気づくと,ここ数日は毎日のように野外に出ておりました.
 
◆そういうわけで備忘録.
 
9/7(水) 昼間は週末の公開講座のパワポの仕上げと,出張のための書類作成などなど.
夜はYさんに付き合ってもらって釣具屋にルアー釣りの道具を買いに行きました.ハスを採集するために,これまでいろいろ試した結果,ルアー釣りを憶えるのがもっとも有効という結論に達したのですが,ネットで調べても専門用語がチンプンカンプンでさっぱりわからなかったので,その道のプロにお願いしてアドバイスをもらいつつ竿とリールと糸とルアーを購入.
 
9/8(木) しばらく天気が良かったので,この日はスノーケリング調査.
最初は,野生のホトケドジョウの撮影をしようと思って,G市のホトケドジョウが多数生息していてなおかつ水深のある某所へ.
 しかし,水中の仏さん達は物陰に隠れているようで,以前のタモ網採集で多数生息していることは間違いないのに,ほとんど観察できず,なおかつ水中で体を支えようと思って泥底に手を着くと濁ってどうにもならないので,諦めました.
 次は長良川本流でハゼ・カジカの分布を確認しようと思って泳いだのですが,ある程度時間が経つと体が冷えてどうにもならなくなりました.川原で甲羅干ししても,日光が弱くて(まだ15時くらいだったのですが)体が温まらないので,ちょっと大変でした.
 
 
P9081012
岸よりの,ややワンド状の場所でアカミミガメを発見.むこうもこちらに気づいたようです.
 
 
P9081017
撮影しながら見ていると,あちらから接近して来ました.
 
 
P9081020
どうもカメラが気になるご様子.
 
 
P9081021
しばらくカメラにかまったあと,去っていきました.
 
 
 外来種なので,本当は見つけ次第捕まえて駆除した方がいいのかもしれませんが,なかなかそういうことは難しいですね…
  
 それにしても,ラッシュガードと海パンのみでのスノーケリングは,シーズン終了です…体脂肪率30%でもさすがに海生哺乳類のようにはいきませんね.
 
 
9/9(金) 朝,とりあえず岐阜大の事務にいくつか書類を提出してから,東濃方面で採集.
目的の魚は取れなかったのですが,自分で努力することに意味があるのです.他にも,悩ましいことはいろいろありつつも,良いこともあったという感じ? かな?
 
9/10(土) 岐阜大学地域科学部 公開講座「長良川の自然 文化と地域科学」が,この日からスタート.幕開けとなる最初の講義を担当しました.自分なりの手ごたえは,それなりだったかな.
 「長良川」を題材にした話をもとめられることは,これまでからあったのですが,ようやく,少しは自分の経験をもとに語れるようになりはじめたからかな,という気がします.
 自分の講義の後は,午後の他の先生方の講義を聞いてから,実験などしたり,溜まっていたメール対応したり,休憩がてらマンガを読んだりしていたら,帰宅が午前一時に…
 
 しかし,研究室でつい「寄生獣」を読みふけってしまいました.10年ぶりくらいに読んだのですが,やはり凄い作品だとあらためて感じます.特に後半.本当にゾクッとするところが,何箇所もあります.すべてのマンガの中でも,もっとも優れた作品の一つといって良いでしょうね.(残酷描写の苦手な人は読めないでしょうけど)
 
 
9/11(日) 和良川で,地元の方々と調査.食べさせてもらったアユの塩焼きは,焼き方が良いので超美味しかったです.20センチくらいの大きめのアユなのですが,両手で持って頭からむしゃむしゃと何匹も食べてしまいました.今回手伝ってくださったK先生とお子さん,G高校の生徒二人も全員,アユの頭も骨も一切残さず,皆でガンギ小僧かカワウソのように食べてました.本当に,鮎ウマー,です.
 え,調査の話? あー,そんなこともあったっけ…

| | TrackBack (0)

2011.09.06

秋晴れ

台風が過ぎて,すっかり秋晴れになりました.昼間は,さわやかな空気に,思わずデスクワークを放り出してしまいたくなります.
 
 でもなー,執筆しなければならない色々が山積してるので,責任を果たさないといかんわけです.それでも,寒くなるまでなるべく野外に出るぞ! あと二回くらいは泳ぎたいし(でも寒いかなぁ…). 
  
 
◆さて,自分のシゴトの備忘録.
 
8/31(水) 長良川の調査.その結果を使って,その日が締め切りの報告を書こうとしたのですが,さすがに無理でした… 採れた魚を持ち帰って南蛮漬けを作ってたせいとか,そういうわけではないはず…たぶん.
 
 
P8310989
今回はたも網は人任せにして,ボクは投網とスノーケリング.
流れの緩いところにはヌマチチブとトウヨシノボリ.
 
 
P8310983
少し流れのある場所に移ると,たくさんのシマヨシノボリ.
たも網ではシマヨシは全く採集されていなかったので,ヨシノボリ類の流程分布を調べるときには,意図的にさまざまな環境に網を入れるか,スノーケリングにしないと誤った結果につながることがよくわかります.
 
 
P8310980
カワヨシは1匹だけ確認.目視できた個体を撮影できたので記録もOK.この辺りが長良川本流ではカワヨシの下限かな?
 
 
9/1(木) 某希少魚関係の集まり.まー,問題はいろいろあるけど,前進してるんじゃないかな.夜になって,なんとか締め切りの一日遅れで報告を提出sweat01
 しかし,8月末締め切りのもう一つの原稿の督促が…
 
9/2(金) 三重大で学生君たちと指導教員Yさんの打ち合わせに参加.台風で大変な風雨で,夕方5時頃には三重県全域に暴風警報が出たため,原稿書きを切り上げて岐阜に帰宅.
 
9/3(土) 岐阜県博に標本を搬入して,他県の博物館でおこなわれているような魚類標本の作製・登録・管理のボランティア組織作りについて打ち合わせ.岐阜県博でも,植物についてはすでにおこなわれているので,同様の組織作りをすれば,なんとかなるはず…
 
9/4 (日) アクアトトのカメ展を見て,矢部先生の講演を聞いてきました.う~ん,アカミミガメは本当にヤバイ感じに増えてるみたいです.カメ展はハミルトンガメとかセダカガメがかわいかったです.
 夕食には,8/31に作った南蛮漬け.いい感じに漬かってます.でも,たくさんあるのでいっぺんには食べきれない…
 
9/5(月) 三重大に出勤.8/31締め切りだった原稿を仕上げてメールで提出.真の締め切りには間に合ったけど,良くないよね~.すみません.宿題の間に合わなかった小学生が,先生に怒られて遅れて提出した感じ.
 
9/6(火) 台風一過の好天だけど,週末の公開講座のためのパワポ作り.おおよその形にはなったので一安心.
 
 
 それにしても,ふっと涼しさを越して寒さを感じる秋の夜風は,人恋しくさせますね… ロマンティックなものではなくて,皮膚が寒さを感じてアドレナリンが出てるだけなのはわかってますけど,なんというか,胸の奥にぎゅっとくるような感じがね(笑)

| | TrackBack (0)

2011.09.05

奄美大島・加計呂麻島 完結(スノーケリング編)

奄美大島・加計呂麻島の話の最後はスノーケリング編.
 
 今回の採集旅行の目的は淡水にあったのですが,空いた時間はスノーケリングに費やしてました.(べ,べつにスノーケリングしてのんびりしてこよう,なんて思ってなかったんだからネッ! ……と,ツンデレ風に言い訳しておくsweat01
 
 
110811202
 
 加計呂麻島で泊まったペンションのすぐ前がビーチでした.何日も滞在されている若いご夫婦も毎日ここで泳いでました.

 しかし,実際に入ってみると「え?」と思う光景でした…ようするにサンゴがほとんど死滅していて,まだ再生しはじめたばかりの状態だったのです.島の反対側の外海に面したビーチでも,本来なら,ものすごい規模のサンゴ礁だったんだろうな,ということはわかるのですが……結局,数年前に水温上昇による白化とオニヒトデの大量発生があったせいらしいです.
 もちろん,サンゴは少なくても,海に入ればカラフルな魚たちは見られるので,それなりに楽しいのですが,やはり種類は少ない気がしました.
 
 
110811218
それでもこういうのに出会うとテンションは上がりますけどね!
ワカウツボです.
 
 
110811212
レモンスズメダイ.こういう綺麗なのも温帯ではあまり見れないからね~.
 
 
P8113555
ニモ的な写真その1.クマノミとツノダシ.このくらいなら本州でも見られる場所はあるかな?
 
 
P8113564
ニモ的な写真その2.ハマクマノミ.漁港にいました.
 
 
110811209
しかし,自分としては,こういう底ものが好きなんです.オオモンハゼ幼魚×2.
サンゴ礁の底モノのハゼは,他にはサンカクハゼとカザリハゼが少しだけ.
 
 
110811215
個体数も少なくて,すぐに隠れるので撮影の難しかったイソハゼ属.これも,かろうじて撮影したけど,同定するには,この写真じゃ無理かな…
 
 
110810214
海のハゼ系としては,あとはこのクロユリハゼ科の稚魚.外海側の海岸で見つけて撮影したけど,さすがに種類はわかりません.
 
 
 他にも写真はあるけど,ちょっとキリが無いのでこのくらいにしておきます.
 残りのスノーケリングして撮影した写真はミクシィのフォトアルバムにまとめてアップしておきますので,マイミクの人は,興味があったらどうぞ.

 のんびり過ごすにはいい島だったので,今度行くなら釣り道具持参かな~♪


| | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »