« 奄美大島・加計呂麻島1(序) | Main | 奄美大島・加計呂麻島3(這うもの編) »

2011.08.14

奄美大島・加計呂麻島2(KBY編)

今回の奄美大島・加計呂麻島はKBYの採集が目的だったので(鹿児島県希少野生生物条例の対象種なので事前に許可を取得しています),他の淡水魚を見る機会は少なかったです.
 
◆とりあえず奄美での一ヵ所めは,途中に滝などが無いために黒とKBYが同所的に共存してるとされています.
 ケンムンに化かされつつも,なんとかしてなるべく源流に近い場所に到着.現地では黒とKBYの区別はほとんどつかなかったのですが,大型の個体は遡上してきた黒で,幼魚は現地で生まれたKBYだろうと想定できる程度…
 
 しょうがないから水槽写真を撮っておいて,最終日の飲み会でYさんに見てもらった後,帰宅後に写真整理していたら,だいたいわかってきました.
 
P8080694
これは現地での最大個体.遡上してきた黒ですね.
 
 
P8080696
こちらはやや大きめの個体.おそらく黒でしょう.
 
 
P8080697
そして,これはたぶんKBY.
何? 上の個体との違いが判らないですと? ボクが見切ったポイントは…

・尾鰭の上下端まで点列があるか(黒),上下の点列が無くなっているか(KBY)
・第1背鰭の下の背中の赤点が一個ずつ独立して規則的に並んでいるか(黒),わずかでもつながって不定形な傾向にあるか(KBY)

というところです.
 
 しかし,体色で区別できるといっても,このように微妙ですし,成熟したメスでなければ卵サイズで区別することもできないし,既存の論文(Ohara et al., 2008)では,この河川のものは遺伝的に黒に近いようです(ただし,その論文ではKBYが希少魚なので鰭を切って逃がしているため,本当にすべてKBYだったという保証はありません.それっぽいデータではありますが,この河川ではKBYしか採ってないことになっているので,ちょっと不信感も湧いたりして…)(※この辺の記述は原著論文を見直して修正しました(2011.8.15)).そうなると,アレを調べて,海に下ったことがあるかどうかをチェックするのが,もっとも有効でしょうね.その上で,同じ河川の2種の遺伝的な相違などなどを調べていくとおもしろくなるんじゃないかな,と妄想中.
 
 
◆次は2日目の奄美の大型河川上流部のKBY.現地では,魚類はこの種しかいませんでしたが,成魚から幼魚までものすごくたくさんいました.この場所は他魚種もいないし,下流からの遡上もできないからKBY天国になっています.おそらくそのような状況が長く続いているせいか遺伝的にも黒とは明確に違ってます(Ohara et al., 2008).そういうわけで,由来の古いKBYとして貴重で重要です.(ただし,ボクがやりたい研究の上では,さほど重要ではないので,比較対照として少数サンプルがあれば充分)
  
110809216
これは,水中撮影した写真.どういうわけか,時々イカリムシに寄生されている個体がいて,この写真の個体も喉と右体側に寄生されていました.上流側のキャンプ場とか,下流のダム湖のコイとか,人為的な影響だったら心配…
 
 
◆奄美大島には,後二ヶ所KBYのいる河川があるのですが,一つは許可を取っていなかったのと,もう一つは昨年の豪雨で道が通行止めだと聞いていたので,時間もなかったから省略.
 
 
◆加計呂麻島では,一ヵ所生息地とされる場所を聞いていたのですが,残念ながら大量のヤマトヌマエビとテナガエビ類のみでKBYはいませんでした… たしかに下流からの遡上が不可能に見える滝の上なんですが,あまりにも上流側の流程が短いので,数百年,数千年と安定した個体群が維持されるようには見えないのが気になっていました.
 Yさんも滝つぼで採ったことがあるだけで,その場所の個体は黒じゃないかと思っていたようですし,過去の記録は,たまたま黒が遡上可能な状況が一時的に生じて,滝上に上がってしまった個体が何年も生き延びていたものが採られたのか,あるいは人為的に運ばれたものかも… (登るための階段もあり,滝上の平地に昔は農地も作られていたり,聖地となっていたりするので,人が魚を運ぶということがなかったとはいえない)


 

|

« 奄美大島・加計呂麻島1(序) | Main | 奄美大島・加計呂麻島3(這うもの編) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/52471525

Listed below are links to weblogs that reference 奄美大島・加計呂麻島2(KBY編):

« 奄美大島・加計呂麻島1(序) | Main | 奄美大島・加計呂麻島3(這うもの編) »