« 不確定性原理 | Main | 春の書類嵐 »

2011.04.04

映画など

金曜日の夕方くらいから寒気やだるさでダウンして不確定性の世界に入っていたのですが,日曜日には少し回復したので水槽の水替えをしてから,研究室に出て某学会の年度末決算の計算を仕上げて決算報告書を作ったりしてました.

 決算については,すべての出納をエクセルで記録しているので手を付ければすぐに計算はできるんですけど,それでも面倒くさいのは確かだし,ぼんやりして計算が合わないと大変なので,それなりに気も遣うしストレスの溜まるシゴトです.他のことで切羽詰ってるときに片手間でできることじゃないんですが,風邪引きがやるべきことでもないような気が…

 それはともかく,土曜日は家に引きこもって一切外出しなかったので,マンガを読んだり映画を見たりできました.


◆手塚治虫の「ブッダ」

 毎月2冊ずつ出ていた新装版が3月末でやっと14巻まで出て完結.それなりにおもしろかったけれど「火の鳥」とテイストが全く同じ気がしました.老人の姿をしてあらわれる神の化身「ブラフマン」というのがいるのですが,ブラフマンを「火の鳥」におきかえれば,普通に「火の鳥」シリーズの1作品という感じです.

 しかし,ブッダの教えが死を肯定することに偏っていて,生きることの意味が語られていなかったような気が…もちろん死や苦痛が避けられないものとして存在しており,逃げられない運命に意味を見出すことが重要なのはわかるのですが… 現代社会においては悪い方向に利用されうるもののような気がします.(出版社がそもそも…いや,なんでもないです.げほごほ)
 
 それに,手塚マンガの主人公は精神的に強くて,少なくとも孤独に対する耐性が異常に強いので,なんとも共感しがたいのですよね.
 
 
◆「てぃだかんかん」

 沖縄でサンゴの養殖と移殖をおこなっている人の実話をもとにした映画.おおげさで笑いのある映画かと思ったら,すっごく淡々と話が進むドキュメンタリータッチの映画でした.作品中では研究者は悪者で,素人ながらシンポで発表した主人公を馬鹿にして集団で笑いものにする場面がありましたが,少なくとも生態学系の学会でそのようなことはありえないはずなんですが…もしかしたら,研究者の遠慮の無い物言いは,普通の人から見ると威圧的で小ばかにしたような態度に見られてしまうのかもしれません.(そういう印象を元にした原作を,さらに映画にする過程で誇張すると,たぶんああいうふうになるのかと…)
 
 ただ,保全や復元を進める上でぶつかるであろうことは,ちゃんと描かれているし,良い映画だと思いました.プ●ジェクト×よりもリアルだと思います.
 
 
◆「南極料理人」

 昭和基地よりも奥地にある富士ドーム基地を舞台にした映画.淡々としておもしろいです.
 普通の人?が見ればウソみたいな場面も多いかもしれませんが,臨海実験所などの少人数がずっと暮らしている研究機関を知っていると,「あー,そんな感じになるだろうな」と普通に納得できる描写が多いです.
 
 
◆「のんちゃんのり弁」

 「南極料理人」は学生が録画したDVDを借りたのですが,同じディスクに入ってたのでついでに見た映画.シングルマザーになるって大変なんだなぁ,という程度の感想しかないです.はい.
 こういう映画は,離婚経験のある女性に意見を聞いてみたいところかな.ボクにはよくわかりません.
 
 
◆「とある魔術の禁書目録」
 
 レンタルDVDがいつも貸し出し中だったのでなかなか借りられず,何ヶ月もかけて少しずつ借りてたのですが,今回やっと1stシーズン最終話を見ることができました.かわいいヒロイン,魔術や超能力のアクション,熱血な展開,ちょっとココロに残る台詞などなど,お約束だけどツボにはまる要素がそろっているので,たしかに面白い.
 次は「とある科学の超電磁砲」を借りたいのだけど,これがまたいつもレンタル中なんですな…
 
 
◆狩りの近況
 どうでもいい話ではありますが,MHP3は3月上旬に学生達とアルバトリオン討伐まで済ませて,その後に「終焉を喰らうもの」に挑戦したら,数回のチャレンジで成功してしまいました.MHP2Gの「モンスターハンター」は,G級のガチ装備を揃えても苦労したけど,MHP3は,やはり難易度が下げてありますね.
 そんなわけで,すべてのクエストが終わってしまったので,あとは勲章集めなんですが最大・最小金冠のコンプリなんて可能なのか??

|

« 不確定性原理 | Main | 春の書類嵐 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/51296354

Listed below are links to weblogs that reference 映画など:

« 不確定性原理 | Main | 春の書類嵐 »