« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

2011.04.26

よしのぼり

著者から早々に別刷りPDFをいただいていたのですが,フットワークの軽い若い人がブログで紹介してたりするので,鈍重な自分がわざわざ書くまでもないかな,と思ってました.しかし,情報の補足を兼ねてちょっとだけ紹介.
 
 
■MJP van Oijen, T Suzuki, IS Chen (2011) On the earliest published species of Rhinogobius. With a redescription of Gobius brunneus Temminck and Schlegel, 1845. J Natl Taiwan Mus, 64: 1-17.
■鈴木寿之・陳義雄(2011)田中茂穂博士により記載されたヨシノボリ属3種.大阪市立自然史博物館研究報告 65号,9-24.
 
 
 長年,日本産ヨシノボリ属の多くの種の学名が未確定だったのですが,この2編の論文でいくつかの種の有効名が判明しました.多少,えいやっと気合いで乗り切っているところもあるような気がしますが,学名を付けない限りは外国の人とヨシノボリについての適切な情報交換ができなかったわけですから,少々問題が残っていようとも,名前を当てはめておくのは大切です.そうでないと,日本の魚類研究者は個々のヨシノボリを別種であるという前提で研究しているのに,外国の研究者は同種内の話だと思ってしまうので,話が噛み合わないし,研究の価値が理解されないような感じのままでした(個人的な経験では,ですが).
 
 
 さて,そんなわけで,和名学名の現状.

★まずは確定組.
 
ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus
カワヨシノボリ Rhinogobius flumineus
クロヨシノボリ Rhinogobius brunneus
オオヨシノボリ Rhinogobius fluviatilis
トウヨシノボリ Rhinogobius kurodai
 
※ Rhinogobius brunneus=クロヨシノボリ,というのが,とりあえず確定したのですが外国の図鑑や論文,ウェブページでは,これまで極東のヨシノボリ類(シマ・クロ・オオ・トウ・ルリなど,学名が特定されていなかった全て)の一般的な呼称としてRhinogobius brunneusが慣習的に使われてきたため,今後もしばらくはいろいろな種に対してRhinogobius brunneusが安易に当てはめられた状態が(少なくとも海外では)続くでしょう.
 その間は,さまざまな混乱が予想されますが,研究者やナチュラリストの皆さんが,van Oijen et al. (2011)に基づいて「日本でクロヨシノボリと呼んでいたものがRhinogobius brunneusである」こと,そして,逆は真ならず,「外国でRhinogobius brunneusと呼ばれているのはクロヨシノボリではない可能性が高い」と明確に理解して,正しく学名を使用していけば,いずれは安定するでしょう.
(なお,学名が特定されていない和名のみの種についても,適切な記載を伴う和名を用いることは重要で,他の名前をいたずらに使用して混乱させるようなことは,少なくとも研究者,教員,学芸員等の社会的に責任のある立場の人は自重する必要があります……なんて,いちいち書かなくても,皆さんわかってますよね) 

 
★次に未確定だが名前の見当がついているもの
 
シマヨシノボリ Rhinogobius nagoyae

※ 田中茂穂博士が1908年に記載したCtenogobius katonisは,シマヨシノボリに該当するため,ヨシノボリ属としてRhinogobius katonis (Tanaka, 1908)と呼ぶことができる.しかし,Jordan and Seale (1906)の記載したRhinogobius nagoyaeもシマヨシノボリに該当するのが,ほぼ確実なため,R. katonisはジュニアシノニムとなり,シマヨシノボリの学名はRhinogobius nagoyaeが妥当ということになる(鈴木・陳,2011).
 この意味において,魚類学会のホームページの「シノニム・学名の変更」のところに「シマヨシノボリR. sp. CB(ハゼ科)の学名確定 Rhinogobius katonis (Tanaka, 1908)」と書かれているのは,適切ではありません.
 
 しかし,鈴木・陳(2011)では,シマヨシノボリをRhinogobius nagoyaeとして再記載したわけではなく,和名と学名の対応を論じただけなので,まだ確定には至っていない.(ややこしいですねsweat01
 
(4/30追記:「シノニム・学名の変更」該当ページの記述は削除されました.論文中の書き方が紛らわしかったので仕方ないとは思いましたが)
 
 
★未確定で,根拠も明確ではないが,対応する可能性があるもの. 

ルリヨシノボリ Rhinogobius similis
  
※5/5改訂追記:similisのホロタイプがルリヨシノボリだとする根拠は無いが,ホロタイプの標本が失われてしまったことが確実な場合,同産地の標本をネオタイプとして指定することができる.その場合,similisの模式産地で採集されたルリヨシノボリの標本をネオタイプとして指定することには重要な意味がある.
 
 たとえば,ヨシノボリ類の最古の学名であるsimilisを正体不明な状態にしておいた場合,すでに学名が確定したはずのヨシノボリ類や,今後新種記載される種の学名が,今後もずっとsimilisのジュニアシノニムとして消え去る可能性を残すことになる.しかし,similisをルリヨシノボリとしてネオタイプを登録,記載すれば,ルリヨシノボリとは別種であることが明らかな他のすべてのヨシノボリ類の学名は,similisのジュニアシノニムとして消え去ることは無くなり,学名が安定する.
 
 したがって,similis=ルリという根拠は無いが,命名規約上はルリヨシノボリをsimilisとして再記載することは可能であり,学名の安定性に貢献するという点で非常に重要かつ有用な作業である.
 
 
 
★有効名との対応が不明で,未記載種の可能性もあるもの
 
アオバラヨシノボリ Rhinogobius sp. BB
アヤヨシノボリ Rhinogobius sp. MO
オガサワラヨシノボリ Rhinogobius sp. BI
キバラヨシノボリ Rhinogobius sp. YB
シマヒレヨシノボリ Rhinogobius sp. BF
トウカイヨシノボリ Rhinogobius sp. TO
ヒラヨシノボリ Rhinogobius sp. DL
ビワヨシノボリ Rhinogobius sp. BW
 
 
 ということで,なんとなくスッキリしはじめた感はありますね.
 
 
◆しかし,ここで,懺悔.
 
 鈴木・陳(2011)にしても,今年の3月に発売された「釣魚1400種図鑑 海水魚・淡水魚完全見分けガイド」(小西英人著,エンターブレイン)にしても,日本産ヨシノボリ類(特にトウヨシノボリ類)のmtDNAの系統解析の結果をもとに○○系という言葉で説明がなされています.
 その根拠となるデータは,ボクの手元にあって,ずいぶん前に学会発表して,また一部の情報を「淡水魚類地理の自然史」の中で小出しにしただけで,全く公にしていません.
 論文としての公表が遅いせいで,このような論文や本の中に中途半端に紹介される形になったのは,すべてボクの責任です.本当に,世間に顔向けできないですね…
 
 ただ,言い訳をさせていただくと,データを増やせば増やすほど系統樹がカオスになってくるのです.もはや,あえてトウヨシノボリ類のデータだけに限定して論文にするように方針を変えないと,たぶんまとまらないな…
 

| | TrackBack (0)

2011.04.22

風邪

風邪引きなので大学から早く帰って寝たりすると,こんどは夜中に寝れなかったり…


ところでN村さんのブログで見かけた「あなたがペットショップで売られていたら?」を試しました.
 
 
ペットショップでのむかいたかひこ。
販売価格【3480円】(天性のハンターです)
分類《新種》
店員『お喋りです』
 
 
 あー,やっぱりね(笑).狩りがやめられないわけだ.うん.

| | TrackBack (0)

2011.04.20

気のゆるみ

ようやく溜まっていた事務作業が終了.昨日(4/19)は,郡上のほうで川の環境とかについての講演を頼まれていたのを済ませたし,急ぎの報告書も申請書も出し終わって一安心.
 
 …しかし,あと少しというところで油断したせいか,また風邪を引きますた.油断大敵なりwobbly
 
 
◆先週は新型のDNA/RNA/Proteinの定量装置のデモ機を業者から借りて,DNA濃度を計りたかったサンプルの測定をしました.
 
 
P4140299
購入する場合は約18万円也.
 
P4140300
スキル「オトモ同士の実験術」で測定してもらいました.(下準備はすべて自分でやったんだけどね 苦笑)
 
 
 かなり使いやすくて,いい感じでした.もうちょっと安ければ即買いですが…
 
 
◆海ゴリも無事届きました.
 
 
P4150301
外側の包装.
 
 
P4150303
箱の外観.
 
 
P4150305
ちゃんとキヌバリでした♪
 
 上品なおいしさなんですが,かなり甘いんですね… う~ん,味付けの好みはちょっとボク好みとは違うかも…


| | TrackBack (0)

2011.04.12

海ごり

◆また知り合いの研究者の方からイソハゼ属の新種記載の別刷りPDFをいただいたのですが,ボクのハゼHPに反映させていない情報が溜まりすぎていて,どうしようかという感じ(苦笑)
 
 更新できなくなったウェブページは死んだも同然なので,そろそろハゼ図譜とか一部の更新の必要性の少ないところだけ残して,余分なページをざっくり切り捨てたほうがいいかも.(そして,やりかけの紙媒体の二つの企画を進めなければ…)
 
 それにしてもEviotaとかTrimmaは種類多すぎで,よくわかりません.AKBとかSKEのメンバーをおぼえるのと同じくらいおぼえるのが大変です.(AKBは,やっと5人ほどおぼえたsweat01 SKEは2人くらいしかわからん…)
 
 
◆そういえばこんな記事を発見.

 【石川】キヌバリ 今季は大きめ 穴水で漁解禁(中日新聞2011年4月11日)
 
 へぇー,キヌバリ漁ってあったんだなぁ,と思って,つくだ煮が購入できないか検索してみたら,ちゃんとありました.
 
 海ごりの佃煮
 
 高級品ですが,さっそく注文してみました.楽しみです.少し生きる希望が湧いてきました(笑)

| | TrackBack (0)

2011.04.11

もう少し

◆先週末からの書類嵐も,ようやくあと少し…
大学内のいろいろ書類は先週中に終了.週末と今日は特採などの採集許可に関する3件の書類返納と新たな許可申請関連の準備(まだ申請に一手間かかりますが),そして外部資金2件の報告と今年度の交付申請関連も一つは代表者の方に下駄を預けてしまったので,残り1件.それなりに文量の必要な報告なのですが,今週中になんとかなるかな.
 
 
◆今日は1年生の教養セミナーの割り振りで,ボクはセミナー担当で生物系のH先生のサポート.しかし,最近の子供の名前が読みにくいということはテレビで見て知ってはいましたが… 文字だけでは読み方も性別もわからないことが増えた気がします.難しいsweat01
 
 
◆ふだん覗き見させてもらっているツイッターから,熊森協会関連の興味深いブログ発見.もちろん,どこまで本当かは慎重に判断するべきですが,貴重な情報でしょう.
 
 熊森活動備忘録
 
 
 「環境カルト」というものが,いずれ生じるだろうことは結構前から気になっていて,その中でも上記の協会は良くないと思っていました.もちろん,自然保護関係の集まりは多かれ少なかれ正義感などの信念や感情でできあがっているので,どの集まりも容易にカルト化する下地があります.いかにしてそれを参加者達が自律的に制御するかが重要なのですが,哺乳類などについては感情が先走るのですぐに動物愛誤に陥ってしまうのでしょう.
 もちろん,それ以外の動植物好きな集まりでも,反権力・反研究者的な色合いが濃くなると暴走しがちな感じが…熊森ほど極端でなくても,微妙にカルト化しているものを見かけると,個人的には眉を顰めたくなることもあったりします.
 
 ただ,反権力は必要なことも多いし,「研究者」も良い人ばかりではないので御用学者批判も必要なんですけどね.人間は難しい…
 
 
◆ついでに,もひとつネガティブな意見を.
 
 震災に起因する原発問題に関して「原発に反対するなら,自分が使ってる電気の量を考えてから言え」みたいな意見を散見します.
 
 でもですよ?
 
 なんでも電化した都市を作って,電気に頼らなくては生活できない状態を作り出してから,その内部にいる市民を計画停電で脅しつつ「電気がほしいだろ?」と問うのは,なんだか気持ちが悪い.
 
 麻薬を与えて中毒になった頃を見計らって,「薬が欲しいだろ? だったら言うことを聞くんだな」と脅迫して言いなりにさせるドラマやマンガの悪人みたいに見えるのはボクだけですか?
 
 都市の発展に合わせて発電量を無限に増やしていくのは,そもそも無理があるのであって,最初から供給可能な電力の制限内で快適な都市を計画していくことが非現実的なのか? と,素朴に疑問を感じます.

 だいたい,地球上の(あるいは日本の)土地面積は有限だし,資源も有限な状態で,無限の経済成長を前提にしたような政治や経済の論調は「ありえない」と思うんですけど.ISO14001の勉強とかして,電気使用量の「無駄」の多さを知れば,大都市の電力使用量を震災前の20~30%減にするのは充分可能に思えるんですが…

| | TrackBack (0)

2011.04.08

春の書類嵐

毎日書類書きの依頼が降ってきて,あまりにも多いので,さすがに今日の午後はぶち切れて研究室の床にキャンプマットを敷いて寝袋に入って寝てましたw

 ま,あまりにも眠かったからでもあるのですがsweat01

 そんなこんなで夕方に起きて日付が変わるまで書類書き.何枚書いたかなぁ〜(遠い目)

 まずはすぐに作れるものから済ませていったのですが,少し手間のかかるものが,まだたくさんあるので,ゲンナリします.こんなことをするために生きてるんだろうか…とネガティブ思考に入るくらい残ってます.ははは… どこか遠くに逃げたい.(実際は数日我慢すればなんとかなる量なんですがね…)

| | TrackBack (0)

2011.04.04

映画など

金曜日の夕方くらいから寒気やだるさでダウンして不確定性の世界に入っていたのですが,日曜日には少し回復したので水槽の水替えをしてから,研究室に出て某学会の年度末決算の計算を仕上げて決算報告書を作ったりしてました.

 決算については,すべての出納をエクセルで記録しているので手を付ければすぐに計算はできるんですけど,それでも面倒くさいのは確かだし,ぼんやりして計算が合わないと大変なので,それなりに気も遣うしストレスの溜まるシゴトです.他のことで切羽詰ってるときに片手間でできることじゃないんですが,風邪引きがやるべきことでもないような気が…

 それはともかく,土曜日は家に引きこもって一切外出しなかったので,マンガを読んだり映画を見たりできました.


◆手塚治虫の「ブッダ」

 毎月2冊ずつ出ていた新装版が3月末でやっと14巻まで出て完結.それなりにおもしろかったけれど「火の鳥」とテイストが全く同じ気がしました.老人の姿をしてあらわれる神の化身「ブラフマン」というのがいるのですが,ブラフマンを「火の鳥」におきかえれば,普通に「火の鳥」シリーズの1作品という感じです.

 しかし,ブッダの教えが死を肯定することに偏っていて,生きることの意味が語られていなかったような気が…もちろん死や苦痛が避けられないものとして存在しており,逃げられない運命に意味を見出すことが重要なのはわかるのですが… 現代社会においては悪い方向に利用されうるもののような気がします.(出版社がそもそも…いや,なんでもないです.げほごほ)
 
 それに,手塚マンガの主人公は精神的に強くて,少なくとも孤独に対する耐性が異常に強いので,なんとも共感しがたいのですよね.
 
 
◆「てぃだかんかん」

 沖縄でサンゴの養殖と移殖をおこなっている人の実話をもとにした映画.おおげさで笑いのある映画かと思ったら,すっごく淡々と話が進むドキュメンタリータッチの映画でした.作品中では研究者は悪者で,素人ながらシンポで発表した主人公を馬鹿にして集団で笑いものにする場面がありましたが,少なくとも生態学系の学会でそのようなことはありえないはずなんですが…もしかしたら,研究者の遠慮の無い物言いは,普通の人から見ると威圧的で小ばかにしたような態度に見られてしまうのかもしれません.(そういう印象を元にした原作を,さらに映画にする過程で誇張すると,たぶんああいうふうになるのかと…)
 
 ただ,保全や復元を進める上でぶつかるであろうことは,ちゃんと描かれているし,良い映画だと思いました.プ●ジェクト×よりもリアルだと思います.
 
 
◆「南極料理人」

 昭和基地よりも奥地にある富士ドーム基地を舞台にした映画.淡々としておもしろいです.
 普通の人?が見ればウソみたいな場面も多いかもしれませんが,臨海実験所などの少人数がずっと暮らしている研究機関を知っていると,「あー,そんな感じになるだろうな」と普通に納得できる描写が多いです.
 
 
◆「のんちゃんのり弁」

 「南極料理人」は学生が録画したDVDを借りたのですが,同じディスクに入ってたのでついでに見た映画.シングルマザーになるって大変なんだなぁ,という程度の感想しかないです.はい.
 こういう映画は,離婚経験のある女性に意見を聞いてみたいところかな.ボクにはよくわかりません.
 
 
◆「とある魔術の禁書目録」
 
 レンタルDVDがいつも貸し出し中だったのでなかなか借りられず,何ヶ月もかけて少しずつ借りてたのですが,今回やっと1stシーズン最終話を見ることができました.かわいいヒロイン,魔術や超能力のアクション,熱血な展開,ちょっとココロに残る台詞などなど,お約束だけどツボにはまる要素がそろっているので,たしかに面白い.
 次は「とある科学の超電磁砲」を借りたいのだけど,これがまたいつもレンタル中なんですな…
 
 
◆狩りの近況
 どうでもいい話ではありますが,MHP3は3月上旬に学生達とアルバトリオン討伐まで済ませて,その後に「終焉を喰らうもの」に挑戦したら,数回のチャレンジで成功してしまいました.MHP2Gの「モンスターハンター」は,G級のガチ装備を揃えても苦労したけど,MHP3は,やはり難易度が下げてありますね.
 そんなわけで,すべてのクエストが終わってしまったので,あとは勲章集めなんですが最大・最小金冠のコンプリなんて可能なのか??

| | TrackBack (0)

2011.04.02

不確定性原理

ここしばらく,ちょっとムリして徹夜に近い日が多かったせいもあって風邪引き中.
そんなわけで土日はなるべく家から一歩も出ないように引きこもりたいところですw

 ただ,最近は孤独死とか無縁社会という言葉がリアルに身にしみる年齢になってきたので(笑),自分以外の他者から見れば,ボクの存在はドアを開けて見ないと生きているか死んでいるかわからないシュレーディンガーの猫と同じなわけですね.

 たぶん,同様な「猫」は世間にたくさん存在していて,一定の確率で死亡しているのだけど,観測することによって初めてどの猫が死んでいるのかが確定するのかもしれません.常に家族と暮らしていることで他者から観測されている人と違って,ボクらは量子的な確率的存在ということでしょう.

 う~ん,深いんだか,単にいじけてるんだか(笑)

 いずれにしても,これを発信した瞬間は,外部にとってボクは存在したわけですが,その直後から再び確率的存在に戻ります.

 ではでは.

| | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »