« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

2011.02.17

チリモン・翻訳語

 2/14は甘いものをゼミ生の皆と堪能した後,ほとんど狩りをせずに解散して翌日の出張の準備を夜中までしていました.
 
 で,2/15-16は某研究費についての会合のために九州へ出張.

 会合はなんとか済んでホントによかった…
 
 その往復にはあえてPSPを持参せずに本を読みました.往復プラスアルファの時間(半分くらいは寝てました)で下の2冊です.
 
 
チリモン博物誌. きしわだ自然友の会著,幻戯書房,2009年. 
 
 有名なきしわだ自然友の会の「チリモン」の本.入手してから2年近くたって,ようやく読みました.おもしろいわ.個々の生物の解説は,専門家にとっては物足りない部分もあるとは思うけれど,それでもなお執筆者の皆さんの考え方はとても良いし,チリモンを通じて海の生態系から人間社会,個人の営みへのつながりが見えてくる,感じられるという,これまでの活動の実績の上に成り立つ視点は尊敬できます.
 個人的には,観察会の空気が伝わる「用語集」が特におもしろかったです.
 
 そういえば冒頭のほうで,シラス漁でカタクチイワシのシラスを採りたいのにハゼの稚魚ばかりのときがあったり…という話があったのに,なぜかチリモンのハゼが全く出てこないんですが,何ででしょう? 時期の問題? 場所の問題? それより何より,冒頭のハゼは一体なんだったんでしょう? 基本的にハゼ愛好者のボクとしては,そんなところが気にかかっていたりして…

 
悩ましい翻訳語. 垂水雄二著,八坂書房,2009年.
 
 はっきりいって,ボクは英語が苦手です.高校のときの受験英語の出来などは,それはもう,ひどかったもんです.だから,大学受験の際も二次試験に英語の無い大学を……という基準で受験するところを選んだくらいです(笑) ごめんね静●大学さん,そんな理由でbleah
 
 そんなボクでも20年近くも研究の世界にいると,自分の分野周辺の論文くらいは辞書無しで大体読めるようになるし,どういうわけか翻訳書なんかも出して,自分の研究室の学生達に洋書輪読の指導までしているという,この大いなる不思議!
 
 まあ,20年というのがそれほど長い年月だということですねsweat01
 
(でも,輪読については,うちのゼミ生達は参加当初「英語は苦手です!」と不平を言いつつも,2年も経つと学部生時代のボクよりもよっぽど上手に訳せるようになるんですよ.二十歳前後の若者の成長おそるべし.) 
 
 さて,ボクの潜在的な語学力が弟子達より劣っているのはともかくとして,そういう状況にいると,翻訳というものについていろいろと悩ましいところは出てきます.一つの英語が一つの日本語に対応するわけではないし,同じ専門用語が分野によって違う呼び方をされていたりするので文脈によってあえて違う日本語にしなければいけなかったりします.

 そんなこんなで,いろいろ思うところがあったのですが,この本は,そういう専門用語の翻訳にまつわるアレコレのエッセイです.へー,なるほど,と思う薀蓄も多くて勉強になるのですが,ちょっと愚痴っぽい内容も多いのが玉に瑕かな.ボク自身が愚痴っぽいクセに,他人の愚痴を聞くのは好きじゃないんです(笑)

| | TrackBack (0)

2011.02.14

2/14

なんかいろいろヤバイ感じでシゴトが溜まっていて,もう,クラクラとめまいがします(←肉体的にではなく,気持ち的にですがw)

◆さて,そんなこんなで,直前の行間に5000字くらいの愚痴がホントは挟まってるんですが(笑),とりあえず今日は4年生の卒論発表のpptの概要チェックをして,それからゼミの皆で持ち寄ったお菓子を食べました.
 
 
110214_171101
↑分配中.酒入りチョコ,テディベアチョコ,手作りチョコ,手作りアップルパイ,フランボワーズのロールケーキといろいろです♪

 
 
110214_171701
↑分配後の一人分.

 おいしゅうございました.
 バレンタインデーも,近年は仲間同士でお菓子を楽しむ良いイベントになりましたね(笑).

| | TrackBack (0)

2011.02.08

物欲

どうでもいい話ではありますが,日曜日の「仮面ライダー オーズ」がおもしろすぎるんですけど
Σ( ̄ロ ̄lll)

 時々ドキッとするセリフが出てくるなぁ,とは思ってたんですが,今回はついに仮面ライダー1号以来の「正義」を根本的に否定するような展開になって,ちょっと目が離せません.


◆いろいろな作業が,いくらやっても終わりがない今日この頃なので,ツラいなぁ,と思いつつも,2/6の日曜日が久しぶりに休日だったので,少なくとも睡眠だけはたくさんとりました.で,気まぐれで借りたレンタルDVDの「ヒックとドラゴン」を見たんですが,なかなか良作で良かったです.
 
 モンハン的な世界の話なんですが,モンスターはとにかく危険なので殺す,という前提を主人公がひっくり返す話.ラストが予定調和のありえない平和社会になるのは米国の子供向けとしてのお約束ですが(←この辺はボクの好みではない),モンハン世界でも特定のスキル条件などを満たせばモンスターを殺さずに馴らせるクエストが少しくらいあっても良いのに,と思いました.
 
 ちなみに,学生に「ヒックとドラゴン見たよ」と言ったら,どんな話でしたっけ?と訊かれたので,「ナルガクルガと仲良くなって古龍と戦う話(笑)」と言ったら即,通じました.ま,そういう映画です.
 
 
◆学生との狩りも,すっかり連携ができたせいか3人でかかればティガ亜種も初見で楽勝,ジョーも試しに行ってみたら楽勝になってました.こんなに簡単なゲームだったっけ? しかし,ボクが欲しい素材が最近全く出ず,同行者にばかりイイモノが出るので,武具の強化が進みません… orz
 
 
◆今さらながら対馬に行ったときの結果.
 
P1240184
場所によっては↑こんな氷が張っていて,上に乗れる状態だったわけですが,いくつかの河川で多少の獲物を捕って持ち帰ったわけです.

 チチブ・ヌマチチブもその中にいたのですが,現地ではほぼ氷点下だったので油断して複数個体をまとめて輸送したら,輸送中や帰宅後の気温が高かったせいで元気になったハゼどもが,小さい個体2匹をいじめ殺していました…
 
 
Dsc_3509

 ↑これが,いじめ殺されたうちの1匹なんですが,どうせ普通のヌマチチブだし…と思ってmtDNAを調べたら,まさかまさかの……
 
 ( ゚皿゚)キーッ!!
 なんで,そういう個体に限ってぼろぼろになってますかね.
 
 新鮮なサンプルなのにPCRの増え方が悪いとは思ったんですよ.まさかとは思うけど,たぶん,アレかな…

| | TrackBack (0)

2011.02.05

試験も終了,ランクもアップ

◆2/4(金)の朝1限から,定期試験期間の開幕.
 その初っ端にボクの講義「生物学I」の試験をしたわけですが,簡単な問題にしたはずなんだけど… 受講生には難しかったのかな? ネットで検索すれば過去問が見れますよ,と言っておいたので調べた子もそれなりにいると思うし,実際にこのブログに「向井 過去問」みたいな検索ワードで辿り着いている痕跡もありますが,試験対策は功を奏したでしょうか?

 1年生対象の講義なので,まだまだ大学に慣れつつある受講生たちなわけですが,試験期間の第1弾でいきなり難しい試験にあたるのも,良い思い出となることでしょう(笑).ちゃんと毎回出席していれば不可になることはほとんどない,と伝えてあるので,その意味では安心しているでしょうし.

 解答例や解説はまだ作っていませんが,問題はこんな感じ.

***************************************************
2010年度 生物学I 試験問題

1.新鮮な生肉は,赤みを帯びたやや半透明な色彩をしており,弾力がある.しかし,生肉を熱湯につけると白く固くなる.その理由を,「疎水性」「立体構造」などの言葉を使って説明してください.

2.生物の細胞内外にはRNA分解酵素がたくさん存在するが,DNA分解酵素は多くない.その理由を,RNAとDNAの構造と機能の違いをもとに説明してください.

3.神経細胞膜にあるドーパミン受容体D4のアミノ酸配列の違いが,人間の性格の「新奇追求性」(≒好奇心の強さ)と関連していることが明らかになっている.このことから,遺伝子が,少なくとも人の性格の一部を決めていると言える理由を説明してください.

4.野外に生息する細菌に薬剤耐性が進化することはほとんどないが,病院内においては薬剤耐性菌が進化することがある.また,ヒグマのいる北米大陸ではアメリカグマの毛色は黒いが,ヒグマのいない離島では毛色の白いアメリカグマが高頻度で現れることがある.両方に共通する(と考えられる)進化のプロセスを,「変異」「淘汰」などの言葉を使って説明してください.また,そのプロセスから想定される,殺虫剤耐性の蚊やハエが進化する条件も説明してください.

★解答用紙が余ったら,生物学Iの講義全体を通した感想など自由に書いてください.興味深い内容なら加点します.

***************************************************

 いきなり「生肉」とか出てくるところが,モンハンっぽいですね(笑)
 感想を読むと,講義が難しかったけれどおもしろかった,というのが多かったです.
 
 余談ですが,クマの話は,某局のテレビ番組の録画を題材に使って講義で説明しています.番組内でネイティブアメリカンの伝承にある白いクマの絵が映されて,その起源についての伝説が紹介される場面は,なんだかモンハンっぽいな〜,と思ったのですが,BGMもモンスターハンターdosでした.(その番組の放映年からすると,おそらくdosが当時の最新版)
 
 
◆試験前日の木曜日にはゼミの2年生に実験作業を手伝ってもらって,その後に狩り場へ.
 ボクを含めて3名ともHR6への緊急クエストが出ていたので,緊急クエストを出した順番に3人がかりで狩りに行って,二人まではHR6になりました.みんな素材集めのために同じクエストになんども行くのはイヤな性格なので,全く炭坑夫になることもなく,レア素材も神おまも必要無いぼちぼちの装備しか持ってませんが,それでもみんなで行けば難しいクエストもこなせるのが良いですね.American Megafaunaはハンターが狩りすぎて滅びたわけですから,野生生物保全を大事にしている我々は,無駄な狩りはしないのです(笑)

| | TrackBack (0)

2011.02.01

くたくた

先日は対馬に行ったりして,それはそれで楽しかったのですが,急ぎで仕上げなければならない実験とかあったり,なんといっても,うちの4年生たちの卒論指導もあって,本当に大変でしたwobbly

 1/31が学部への卒論提出締切,2/1が要旨集用の要旨締切だったので,卒論関係は今日で一区切りだったのですが,この一ヶ月間は,あっというまでしたね〜.4年生たちについては,これで数日間は気を緩めてもらっても大丈夫です.本人たちはわかっていないかもしれないけれど,すごい興味深い成果を出してくれましたし.

 しかし,ボクにとっては,他にもいろいろと入試業務だの,予算の年度内消化のための適切な買い物とか出張予定の早期確定とか,来年度にちょっと研究に専念できるかもしれないようになるための申請とか,あれこれ追われながらだったので,さすがにちょっと疲れが蓄積してます.特に,先週と先々週は界王拳3倍くらいで立ち回った気がします.

 自分のやるべきことについては,大きな仕事が何も片づいていないために気が抜けないのですが,今日で後期の講義も一通り終わって,あとは試験をおこなうだけなので,講義関連で拘束されていた時間が自由になる分,ちょっとは楽になるかな? なるといいな… ついでにハンターランクが6になれるといいな…(←しかし,防具と武器がまだ弱い…)

| | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »