« COP10生物多様性フェア | Main | モブシーン »

2010.10.31

夏から秋へ:2

今週もいろいろ疲れていたのか,金曜日の夜12時くらいに寝て,土曜日は15時頃に起きましたsweat01
実際に眠っていたのは昼12時過ぎまでで,その後は寝不足・疲労後に長時間寝たときの偏頭痛があったので布団から出ずにまどろんで,さらに手塚治虫の「ブッダ」の新装版の4巻を布団の中で読んだりしてから,ようやく布団から出たわけです.ま,おかげで疲労は回復したかな.週末に持ち越した仕事は何も片付いてないけどね
┐(´-`)┌
 
 
◆忙しい合間の現実逃避にMHP3の体験版をぼちぼちやってたのですが,ボルボロス亜種もようやく大剣・ライトボウガン・ヘビィボウガンで討伐成功しました.火・雷の属性攻撃がかなり効くのか,ライボが一番楽だった気がします.
 スラッシュアックスも試してみましたが,初めて触ったときは,斧形態だと動きの鈍いハンマーで,剣形態だとガードも溜めも出来ない大剣,という感じで,なんじゃこの使えない武器は!と思いました.しかし,斧形態の切り上げ→ぶん回しと,剣形態で切りまくりつつ隙を見て属性解放フィニッシュという使い方を憶えたら,なんとなく魅力がわかってきました.バナナ相手なら10分くらいで討伐できたし.(ボルボロは,まだ討伐できてませんけど…)
 
 
◆8月後半からのブログを書かなかった空白の2ヶ月(←おおげさ)については,野外調査に力を注いでいました.それでもなお,必要な調査等が一通り完了したわけではなく,すべて中途半端なまま季節が過ぎてしまったので気が重いのです…

 力を注ぐ必要があったのにまだ不十分なものの一つが,岐阜市内の魚類調査.もう一つは県内の魚類の写真・標本集め.どちらもこの夏中に済ませるのが望ましかったのですが,どうにも労力が足りない… 自分と同等の能力の人材がもう一人いて分担できればなぁ,と思わずにいられません.
 
 
◆野外でのこととしては,他には学生を連れて「ゼミ合宿兼研究材料採集」ということで8/30-9/2に四万十川遠征をしてきました.
 四万十川に行った理由は,実は夏前に「四万十川の魚図鑑」という本を読んで,四万十川の現状の話とか著者の方にうかがってみたくなったということと,研究材料として集めている魚種があの辺にいろいろといるからということ,そしてなによりも自分が四万十川に行ったことがなかったから!です.また,ゼミ生も今年は全部で4名しかいないので,新車の赤ジュークに詰め込めば全員で行けるという見込みもありました.

 結果的に,採集の成果はボチボチで,四万十川沿いの酷道を走っているうちにジュークの前輪がパンクしたりというトラブルもあったりしましたが,それ以外には大過なく帰還できました.
 パンクについては,おそらくは山道(のような国道)に多数転がっていた角の尖った落石を踏んでいるうちに空気が抜けるような穴が出来ていたものと思うのですが,夜になって海沿いの国道に出てから気づいたので,車を停めてJAFに来てもらうまでの間,砂浜で空を見上げて鮮やかな天の川を眺めたりして時間を過ごすという,青春の一コマ(笑)なことをしてました.
 ボク自身はパンクでJAFを呼ぶのは何度も経験しているので,「しゃーないな」くらいで気にしてませんでしたが,ゼミ生の子達も,みんな落ち着いてのんびりと待っていてくれたので助かりました.いつも思うのですが,マイペースで細かいことを気にしないタイプの,本当に良い子達です.
 
 
P8310021
昼間の採集はこんな感じで,のんびりと.夜は宿でゼミ生と「狩り」に出てましたw
 
 
 四万十川の後は,岡山まで移動して岡山大の牛窓実験所で一泊させていただいてから岐阜に戻りました.


◆その他の調査は,地元でいろいろとおこなったのですが,書いてるとキリがないので省略.つい最近は,10/24(日)に長良川水系の上流の方でサツキマスの産卵を見る会に行ってきました.
 
 
Pa240330
 産卵床を掘っているところにカメラがセットされていて,詳しい様子はモニタで見ることができるという素晴らしさ.
 
 サツキマスの産卵行動ははじめて見たのですが,思ったよりもずっと川幅の広い中流的な景観の場所でビックリ.地上から見える個体も結構いました(多くは放流由来と思われますが).

 産卵床作りは朝から始まっていたそうですが,産みそうな産まなさそうな行動を延々と何時間も続けて,夕方になって機材を片付けようかというところで産卵してくれました.水槽で飼育しているいろいろな魚の産卵でもそうなのですが,とにかく,求愛行動が長い! もう見てるほうはじれったくてしょうがないのですが,ひたすらオスが求愛して,メスがそれっぽいしぐさをしつつ産卵しない,ということの繰り返し.いやはや…
 
 
http://www.youtube.com/watch?v=l2BwCvMuTzc
↑そのときの産卵の瞬間はこちら

|

« COP10生物多様性フェア | Main | モブシーン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/49890544

Listed below are links to weblogs that reference 夏から秋へ:2:

« COP10生物多様性フェア | Main | モブシーン »