« 猛暑? | Main | COP10生物多様性フェア »

2010.10.26

夏から秋へ:1

前回ブログを書いてから既に二ヶ月以上… 忙しくて気持ちの余裕が無かったからなのか,いろいろなことがあって人に話したいネタはあっても「どこから書こうか」と思うと,手が止まってしまってました.

 しかし,ブログはともかくとして,手が止まってる仕事がいろいろあって,どうもよろしくない.

 どれも一朝一夕に終わる作業ではなく,しかも設定した締め切りを過ぎていながらも,ほとんど進展していないものも多くて,常に気分を抑圧してるのが,ここ最近の最大のストレスかな… そして,ストレスが辛くて現実逃避をして仕事は進まず,さらに自己嫌悪という悪循環に陥っているので,なんとか打破したいものです.

 たぶん,現状でまともに立ち向かっていては,ムリ! ですなw (何か策を講じなければ…)
 
  
  
◆「手が届くのに手を伸ばさなかったら,死ぬほど後悔する.それがイヤだから,手を伸ばすんだ」

 忙しいのはともかくとして,9月から始まった日曜朝の某ヒーロー番組,今回もなかなか悪くないんじゃないかなぁ,と思ったりします.↑の主人公の台詞も,いかにもな台詞だけどキライじゃないですね.

 普段から環境関係でいろいろ活動されている方達や,まちづくりとかでがんばっている方達を見ているし,9月には日本魚類学会で,あいかわらず優秀な若い研究者達に会ったりして,本当にみんなスゴイな,と感心して尊敬しています.しかし,魚類などの保全となると,優秀な研究者が自由に力を発揮できる仕事に就けることは稀だという現実があります.

 保全に熱意があり,知識も技量も経験もあったとしても,締め付けのキビシイ行政機関に職を得たり,環境アセス会社に就職したりすると,結局,その知識や技量を,誰が見ても無駄とわかるような事業を進めるために使うことを強要されるし,自分の意見を自由に言うことも出来なくなる.そして,知識や技量を生かして,行政等に対して自由に発言できる立場というのは,大学教員等の一部の職種を除いてほとんど無い.

 だとすれば,自分が,保全に少しでも貢献できるところにいるのに「手を伸ばさない」のは許されないし,きっと後悔するんですよ.そう思って,保全関係の研究者は皆がんばっているんだろうし,ボクもなるべく努力しようとは思うわけです……ただし,ボクは自分の無力さや能力の無さにうちひしがれながらですけど(泣).
 
 
 
◆そういうわけで.

 現実逃避として「狩り」に行ったりもしてるわけですw 学会の時には,とある先輩研究者の方とギルドカードの交換もしました(笑).最近は,うちの研究室でも学生4名のうち2名はMHP2Gをしているので,一緒に狩りに行ったりするようにもなりましたし.

 10/21には,ついにウカムルバスもソロで討伐できたので,あとは村の最終クエスト「モンスターハンター」を成功させれば,12月発売のMHP3に躊躇なく手を出せます.ちなみに,学生と狩りに出るときも,彼女らのキークエストを手伝うことはあっても,自分のクエストは全てソロで成功させてきましたヨ.(ちょっと自慢)
 ウカムについては,ヴォルガノスを乱獲してラヴァX装備を揃えたので,装飾品と合わせて抜刀術・集中・根性のスキルを発動(地形ダメージ無効もついてるけどウカム相手には関係ない),武器は火属性の大剣「火砕断」でソロクリア.

 MHP3は体験版を入手して,ぼちぼち試し中.
 
101023_082501
 MHP3の体験版をやってるとバナナが食べたくなりますね.

 そういえば,3月頃からやっていた「逆転裁判」のシリーズも先週ついに4作目を終了させました.結構おもしろかったけど,基本的にはストーリーを追って楽しむだけなので,ゲームとしてはやはりモンハンの方がハマリますsweat01

|

« 猛暑? | Main | COP10生物多様性フェア »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/49847797

Listed below are links to weblogs that reference 夏から秋へ:1:

« 猛暑? | Main | COP10生物多様性フェア »