« ?な魚 | Main | 猛暑? »

2010.08.17

ゼゼラの遺伝的分化

この春に新種の淡水魚として淀川水系のヨドゼゼラBiwia yodoensisが記載されたのですが,それに関連する日本産ゼゼラ類の各地域個体群間の遺伝的関係についての論文が出ました.
 
 
Katsutoshi Watanabe, Seigo Kawase, Takahiko Mukai, Ryo Kakioka, Jun-ichi Miyazaki, Kazumi Hosoya (2010)
Population divergence of Biwia zezera (Cyprinidae: Gobioninae) and the discovery of a cryptic species, based on mitochondrial and nuclear DNA sequence analyses.
Zoological Science, 27: 647-655.

 要点としては次の通り.

1)ゼゼラとヨドゼゼラは,遺伝的に大きく異なる

2)ゼゼラ(Biwia zezera)の在来分布は,濃尾平野,琵琶湖,山陽地方,九州北部.

3)飛び地になっているゼゼラの在来分布域の各地域個体群間の違いは,ヨドゼゼラとの差に比べると非常に小さいが,濃尾平野個体群が最も分化しており,その次が九州,琵琶湖と山陽はかなり近縁.


 それ以外の細かな発見とか推論は,内容を読んでくださいませ.

 それから,PDFの欲しい方はメールで御連絡いただければ添付して送ります.(tmukai…のアドレス宛を推奨)

|

« ?な魚 | Main | 猛暑? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/49172399

Listed below are links to weblogs that reference ゼゼラの遺伝的分化:

« ?な魚 | Main | 猛暑? »