« July 2010 | Main | October 2010 »

August 2010

2010.08.19

猛暑?

◆昨日(8/18)は,市内の調査日に充てていたので,天気も良かったしフィールドへ.
長良川本流は,まだ水位が高めだったので,採集効率と事故の危険があると考えてため池を廻ったのですが…
 
 
P8183296
もう,採集するまでもなく (ノ∀`) アチャー って感じ.

 4カ所行って,「オイカワとスジエビ多数」「ブルーギル,シマヒレヨシノボリ,スジエビ多数」「オオクチバス多数とシマヒレ少し」「オオクチバス多数,ブルーギル多数,シマヒレ少し」.
 
 シマヒレヨシノボリはバスがいても流れ込み口などの浅所にしぶとく生き残ってますが,スジエビはバスがいると完全に消えてますね.
 
 午前中から昼を挟んで調査してたんですが,充分に水分をとりつつ,ゆるゆると作業してたので,そんなに酷暑という感じはなかったんですけど,帰宅後にニュースで見ると,岐阜市も37℃以上あったみたいです.でも,水辺の日陰でお昼ご飯を食べてる時は,さわやかな風に吹かれつつ快適だったですよ…?
 
 
◆今日(8/19)は,高校生のプラナリアのmtDNA解析の日.午後に高校生が来るまで少し時間があったので,キャンパス内の水路に潜って撮影してみました.
 
 
P8193335
この種類は濁ったため池に多いので,こんな好条件で撮影できるところは珍しいかも.
 
 
P8193328
こちらはメス.上のオスも,こういう表情で撮りたかったのですが…
 
 
P8193317
遊泳魚でまともに撮れたのはモツゴくらい.他にもニゴイ,ヌマムツ,タモロコ,フナ,タイバラがいたんですが,防水コンパクトデジカメでは遊泳ギョには対応できません…
 
 
P8193326
カメデスwにも遭遇.
 
 
ここまでの写真を見ると,どんなきれいな水路かと思われるかもしれませんが,ここ数日の猛暑のせいで?油膜が貼ってて,水に潜るのをためらうような状態だったんですよ…
 
P8193303
こんなふうに.

 ま,でも入ってしまえばどうということもないですね.

| | TrackBack (0)

2010.08.17

ゼゼラの遺伝的分化

この春に新種の淡水魚として淀川水系のヨドゼゼラBiwia yodoensisが記載されたのですが,それに関連する日本産ゼゼラ類の各地域個体群間の遺伝的関係についての論文が出ました.
 
 
Katsutoshi Watanabe, Seigo Kawase, Takahiko Mukai, Ryo Kakioka, Jun-ichi Miyazaki, Kazumi Hosoya (2010)
Population divergence of Biwia zezera (Cyprinidae: Gobioninae) and the discovery of a cryptic species, based on mitochondrial and nuclear DNA sequence analyses.
Zoological Science, 27: 647-655.

 要点としては次の通り.

1)ゼゼラとヨドゼゼラは,遺伝的に大きく異なる

2)ゼゼラ(Biwia zezera)の在来分布は,濃尾平野,琵琶湖,山陽地方,九州北部.

3)飛び地になっているゼゼラの在来分布域の各地域個体群間の違いは,ヨドゼゼラとの差に比べると非常に小さいが,濃尾平野個体群が最も分化しており,その次が九州,琵琶湖と山陽はかなり近縁.


 それ以外の細かな発見とか推論は,内容を読んでくださいませ.

 それから,PDFの欲しい方はメールで御連絡いただければ添付して送ります.(tmukai…のアドレス宛を推奨)

| | TrackBack (0)

2010.08.16

?な魚

◆8/13(金)は学生を連れて飛騨方面へ.


目的は↓
P8143218
生かした写真が撮りたかったのに…エアレーションしていても一晩持たなかったです
_| ̄|○
 
 
 上の魚は,実際は自分で採集したわけではなく,現地のTさんのはからいで登り落ちで採れたものを譲っていただきました.あぁ,申し訳ない…
 
 現地で,自力で採れたのはカワヨシノボリ,タカハヤ,マドジョウくらいでした.
 
 他にはこんなのが↓
P8143223
キベリマメゲンゴロウかな?
 
 
◆金曜日の夜から喉の調子が悪く,風邪っぽかったので土日は引きこもって休養.おかげで月曜朝には回復していたので,いろいろデスクワークがあるはずだけど郡上方面に行って,川の水量が多かったからちょっとタモ網を入れてカジカ大卵型とか捕まえた程度で大学へ.

 その後,夕方近くなって,カダヤシの撮影をするために出かけたんですが(撮影するために持ち帰るわけに行かないので),なにやら妙な魚が.
 
 
P8163239
こ,これは…!?
 
 
 カダヤシとウシガエルのオタマがたくさんいて,オオフサモも生えてるような水のぬるい場所なんですよ.でも,2年前にもこの川で採れた魚の写真を見せてもらった時に,アヤシイ個体の写真があったし…他人が採って撮影した鱗のはげた個体の写真だったので,イトかコウライだろうと思ってたんですが,自分で採ってみると,これはねぇ…アレだよな.

| | TrackBack (0)

2010.08.12

不覚

◆かねてより配布してきた「長良川下流域生物相調査報告書2010」ですが,7/26の報告会のときにいただいたカンパのおかげで,郵送料等はすべてまかなえております.

 ただ,報告書の発送をほとんど「ゆうメール」でおこなっていたのですが,8月に入ってから,たまたまクロネコの「メール便」の方がはるかに安いことが判明しました…

 ゆうメールだと一通¥290円に対して,メール便なら一通¥80円!

 もう,愕然としましたよ…

 それまでに発送した分を計算すると,3万円くらい無駄にしているので,こんなんだったら最初からメール便にしておけばカンパのお願いも,もっと少額で済んだのに……善意でいただいているカンパなのに,本当に申し訳ないです.もう,郵便局はアテにしない.


◆ところで,諫早湾干拓地の調整池に3匹のワニがいるという報道が以前にあったのですが,そのときの写真が「スッポン」だという続報が…

諫早のワニはスッポン? (西日本新聞2010年8月12日)

 言われて見れば,たしかにw 吻部に見えるのは鼻ですし,目の後ろの黒線もスッポンの特徴です.

 背景が水面しか無いので,有名なネッシーの写真と同じくスケールが判らないことによるトリックですね.実はボクも最初の報道のときは,記事のヘッドラインで思い込みが生じたために写真もワニだと信じてました.
(ノ∀`) アチャー

| | TrackBack (0)

2010.08.11

「プラチナデータ」「悪魔くん千年王国」

8/9(月)と8/10(火)は,県内の某河川で20年来の魚類調査をしているWさんのお手伝いに行ってきました.

 実のところ,日曜日の晩はあまり眠れず,朝も明らかに細菌かウイルスに感染した感じの肩こりと倦怠感とのどの辺りの痛みと食欲不振があったので,「これはきっと土曜日に水中撮影に懲りすぎて冷えたから風邪をひいたんだなぁ,困ったなぁ」,と思ってたんですが,午後になると風邪の症状に変化せずに,どういうわけかジワジワと回復しはじめました.
 結局,風邪を引いたわけではなかったわけですが,そうすると考えられるのは日曜日の晩に食べた刺身か,あるいは賞味期限を4日ほど過ぎた団子にでもあたったのか? う~む…


◆ところで,しばらく前に出た東野圭吾さんの新作「プラチナデータ」がDNA鑑定の話だったので購入して読んでみました.物語のガジェットとして,次世代シークエンサー以降の技術によるヒトゲノム解析の簡便化と,そのデータ解析ソフトの開発が出てきます.

 結構,ちゃんと理解して描いているようで,遺留品中のゲノム全体を解析することで犯人の身体的特徴をおおよそ割り出すとともに,データベース中の三親等までの親族のデータがヒットするため,本人のDNAデータが登録されていなくても,親族のデータがあれば,その人物の近親者の中で身体的特徴の一致する人物を絞り込み,聞き込みを進めることで容易に犯人特定ができるという設定です.そのために個人のDNA情報の登録を進める法案が可決され,大量のデータを解析するためのプログラムを開発していた引きこもりの天才数学者が殺されて…という話でした.

 実際のところ,1億人分くらいのゲノム情報を短時間で比較するようなバイオインフォマティクスのプログラムは容易には開発できないだろうし,三親等までの近親者のデータがヒットするという微妙なリアルさ(笑) しかし,全ゲノムのデータがなくとも,容姿の主要な部分を決めるSNPsとある程度のSTRマーカーの情報さえ押さえれば,普通に実現可能な気がします.データベースに国民全員を登録しなくても,ある程度以上のデータが蓄積すれば,確実に犯人特定のための機能は果たせるんじゃないかな?

 ただ,近未来の技術と社会のシミュレーションとしては良く出来ているけれど,ドラマ的には……(苦笑)


◆朝ドラを見ていると水木しげるさんのマンガが読みたくなったので,高校生の頃に買った少年マガジンコミックの「悪魔くん」(悪魔くんがメフィストを呼び出して事件を解決する話)を読んだのですが,その後,大学生協に「悪魔くん千年王国」が売られていたので購入してみました.「千年王国」の方は,一番最初に描かれた貸本版の「悪魔くん」を書き直したものだということですが,メフィストを呼んで活躍するヒーローとしての悪魔くんよりも,断然おもしろかったです.(しかし,wikiなどを見ると貸本版のほうが,さらにおもしろそうです…)

| | TrackBack (0)

2010.08.09

夜の回遊魚

8/7(土)は長良川の花火大会でしたが,男3人で別の川に潜ってました♪
 
 
P8073189
↑お目当てはこいつ!

 県内産のこの種類の写真を持ってなかったので撮影に行ったのですが,水中用懐中電灯の明かりだけでも以外に撮影できるもんですね.いやはや,よかったよかった.
 
 
P8073168
↑もちろん,こちらの種類もいましたが,数は少ないですね…
  
 
P8073156_2
もっとも多かったのはヌマチチブとゴクラクハゼです.これはゴクラクハゼが大きなヌマチチブに襲われているところ.この後,つるつると飲み込まれていきました…
 
 この場所はヌマチチブが本当に多くて,ちょっと嬉しかったです.
 別にヌマチチブがそんなに好きなわけでは無いのですが,長良川では個体数が少なくて,この地方では「こういうものか」と思ってたんですが,全然そんなことはなかったということです.両側回遊性ハゼ類の密度について,適当にコドラートでも置いて比較してみた方がいいかも.
 
 
P8073178
あとは,意外なところでこんな魚もいました….どこか支流から落ちてきたのでしょう.
 
 
 結局,観察できた魚類は15種.夜の川に潜るなんて一人ではできないので,なかなか良い経験になりました.

| | TrackBack (0)

2010.08.05

たまった仕事

◆先週末の土曜日(7/31)は,アクアトトのサンショウウオ・カフェに行ってきました.なかなかマニアックな話を聞けて良かったです.

◆8/3(火)は,環境省に行って,今いただいている研究費についての中間評価のヒアリング.研究代表者が抜けられない用事があったので,代打としてプレゼンしてきたのですが,なんとか無事に終わったような… ま,このために事前に時間をかけてパワポを準備したわけですし,予算が打ち切られては大変なので,無事でなければ困るのですが…

 しかし,これで,今年度前半の講義・講演等のプレゼンテーションは,す・べ・て・終了!!
 きゃっほーい ヽ(*≧ε≦*)ノ
 
 もう,この数ヶ月でどれだけ講演したか.これで10月に講義が再開されるまでは,プレゼンなんて何もしねーぞ! えぇ,もうやるもんですか.学会発表もしばらくしないぞ! 


◆さて,プレッシャーのかかる発表関連の仕事が完全に一区切りついたので,これまでに堆積した書き物や,野外調査の標本とデータの整理,シークエンスデータの解析などをしていかねばなりません.さらに,この機会に市内の野外調査や,県内の魚類の写真撮影も進めたいし,サンプリングのための遠征もしたいので,こうした予定を早めに組んで,協力者の方々や学生達に日程を知らせなければなりません.

 と,いうことで,目の前のことを必死でこなしてきて,ようやく一息ついたら,やること山積なのが新たに見えてきて逃げ出したくなってるところです(苦笑)

 しかし,久しぶりに外に出たかったので,8/4(水)は市内で目星をつけておいた溜池に夕方から行ってきました.で,無事にsp.TOの新産地を確認できて一安心.そして,そこから近場の温泉に行って,さっぱりしてきました……が,久しぶりに肩をほぐしたら偏頭痛が出て,つらかったので,帰宅後はさっさと就寝.


◆そして,残務処理2日目.あいかわらず仕事が少しずつしか片付かない…ま,ぼちぼちやりますか.

| | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | October 2010 »