« 市民による海づくり大会・長良川下流域生物相調査報告書2010 | Main | オキナワ »

2010.06.09

生物系統地理学 第2刷

2008年末に出版された翻訳書「生物系統地理学」が重刷されました.


 もともと,いろいろあって翻訳が充分でない箇所が残った状態での出版だったため,初版第1刷を購入された皆さんには大変申し訳ないんですが,そうした方々の犠牲(?)のおかげで,全編に渡って手を入れた第2刷ができたわけです.

 本来は監訳者の仕事なのを分かっていても,「直せる機会がある」と知っていながら何もしないのは我慢できなかったので,分をわきまえずに生物の日本語名の統一,学名しか書かれていない箇所への日本語名の挿入,明らかに読みづらい訳文の修正といったことを赤ペンで書き込みまくった初版第1刷を作成して,重刷時に使ってもらった次第です.

 たぶん,これで,かなり読みやすくなったはずです.(第2部は,もともとボクが担当して,かなりこだわって翻訳しておいたために,あんまり直してません)

◆たとえば…
2
↑第1刷
 
 
Photo
↑第2刷
 
 
 
 
◆それと,下訳のまま,載ってしまっていたようなところとか…
61_3
↑第1刷(クリックすると別ウインドウが開きます).
 
 
62_3
↑第2刷(クリックすると別ウインドウが開きます).途中の「……」は削除するように指定したんですが,なぜか残ってます.
 でも,だいぶん,マシになってるかとsweat01
(あらためてみると,さらにもう少し直したいな…)
 
 
 原文は次のようになってます.
Species are merely those strongly marked races or local forms which, when in contact, do not intermix, and when inhabiting distinct areas are .... incapable of producing a fertile hybrid offspring. But as the test of hybridity cannot be applied in one cases in ten thousand, and even if could be applied, would prove nothing, since it is founded on an assumption of the very question to be decided .... it will be evident that we have no means whatever of distinguishing so-called 「true species」from the several modes of [subspecific] variation .... into which they so often pass by an insensible series.
       -Alfred Russel Wallace, 1865
 
 
 流通のことはよく分からないので,今,書店で注文しても第1刷の在庫が届くかもしれません.確実に第2刷を入手する方法は,ボクにもよくわかりませんが,もし手に入れることができた幸運な方は,良い本なので是非,研究などに役立ててください.

|

« 市民による海づくり大会・長良川下流域生物相調査報告書2010 | Main | オキナワ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/48585234

Listed below are links to weblogs that reference 生物系統地理学 第2刷:

« 市民による海づくり大会・長良川下流域生物相調査報告書2010 | Main | オキナワ »