« サンプル | Main | とある科学の遺伝子増幅<PCR> »

2010.04.01

新ヨシノボリ

4/1はエイプリルフールということで,いろいろなウェブサイトがネタに走ってますね.みんなヒマやなw

◆さて,ウソではなく本当の話として,日本産ヨシノボリにまた一つ新たな和名のついたものが増えました.

鈴木寿之・向井貴彦・吉郷英範・大迫尚晴・鄭 達壽(2010)トウヨシノボリ縞鰭型の再定義と新標準和名の提唱.大阪市立自然史博物館業績 第418号, pp.1-14.

 PDF版があるので,御希望の方はメールください.

 ただ,個人的には縞鰭型をトウヨシノボリとは別種として分けることに懐疑的で,色斑による見分けも自信がないのですが,マイクロサテライトなどを使った既報に基づく「別種に相当」という意見を否定しきれないのと,地理的変異がトウヨシやビワヨシの国内移殖で失われつつある現状を世間に理解してもらうための一助として和名が必要という理由から「シマヒレヨシノボリ」の提唱者に加わっております.

 そういうわけなので,岐阜県のはトウですか,シマヒレですか,とか,そういう難しいことは訊かないでください.どうしても知りたい人は,マイクロサテライト分析をして,新和名提唱への道を開いたO原さんに問い合わせてくださいませ.


◆昼には,いつもの御用聞きの営業の兄ちゃんが来て,何か良いものをくれるという.
「赤と緑とどちらがいいですか?」というので,どうせシャア専用と量産型だろうな,と思ったら…
 
 
P4012816
赤はVF-1A一条機でした…( ̄Д ̄;;
 
 緑は柿崎機だったということなので,「赤」と答えて良かったですw
 
 
◆今日は,また山積しはじめた雑多な用事を書きだしてから片付けようと思っていたのですが,ちょっと面倒だけど重要な作業の提案があり,関係者の中では,おそらくボクが一番できそうだったために,先送りせずに済ませてしまうことに… かなり肩が凝ったけれど,なんとか数時間で終了.

 その後,ちょっと休憩して,夕食を食べてから,明日のために雑用の整理.なんでこんなに書類ばっかり書かなきゃならないのかなぁ,と思います.分かる人にしか分からない喩えをすれば,ランゴスタが無数に湧いているような感じ.あ〜,気分悪いなぁ…

|

« サンプル | Main | とある科学の遺伝子増幅<PCR> »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47970731

Listed below are links to weblogs that reference 新ヨシノボリ:

« サンプル | Main | とある科学の遺伝子増幅<PCR> »