« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

2010.04.26

ほぼ回復

いろいろ書類や原稿の処理について滞ることを覚悟の上で,3日間たっぷりと寝たので,風邪も7割くらい治って,ほぼ復調.

 病床の窓から見る青空はまぶしかったよ………(苦笑)

 でも,人間らしい生活のためには,たまに倒れてしまうのも必要かな,と思いました.年の近い,マトモな研究者の人たち,みんな疲れてるし.オカシイですよ,こんなの.
 
 
 
 と,まあ,社会への不満も言ってみましたが,布団の中でぼんやりしていても出来ることといえば,PSPかDS! もしくはテレビ!

 と,いうことでロボアニメ仲間から借りっぱなしだったDVDも見終わって,狩りもしたし,裁判も進めたし.よかったよかった.

 さらに,↓こんなものがあるのを発見しました.「メタルギアソリッド」と「モンハン」のコラボ! すげーっ!カッコイイ!!(でも,買わないw)
http://www.youtube.com/watch?v=3fJXHXs5TvY

| | TrackBack (0)

2010.04.23

ゆめうつつ

一昨日の水曜日は,いろいろ取材があった以外に,午後から教授会があり,その後夕方から新人の歓迎バーベキューがありました.

 まあ,それは良いのですが,その後酔いがさめるまで研究室に泊まって冷えたせいか,翌日の夕方くらいから風邪っぽくて,今日(4/23)は朝からどうにもきつかったので,幸いなことに講義も会議も無いのでお休みすることにしました.

 とりあえず,早く書かなければならないものとか,やらなければならない講演準備とかもあるのですが,まずは喫緊のものについて木曜日中に草稿を仕上げて送るべきところに送っておいたのは幸いでした…

 そんなわけで,朝メールで研究室関連のことはいくつか指示を出して,その後寝たきり.

 しかし,調子が悪くて寝たきりになるのはいいけれど,食料の買い置きも無く,風邪薬の買い置きも切らしていたので,昼過ぎまでは本当に,ただ寝ているだけの状態で,せめて本を読もうと思ってもマンガですら数ページで眠りに落ちてしまうし,かといってそのまま眠り続けるのかというとすぐに目が覚めることの繰り返し.

 ようやく午後になってぼちぼち目が覚めて,近所に風邪薬と食料品を求めて出かけましたが,熱は無いものの暑いような寒いような感じで,ぼんやりとたくさんある風邪薬の成分表示を見比べて「第1類医薬品」と「第2類医薬品」があることとか,メーカーによって対象とする症状に効く成分が違えてあるのを眺めてから,自分の症状に合う安いのを買ってきました.

 ちなみに第1類は,空箱しか店頭に置いておらず,薬剤師さんに中身を入れてもらう必要があります.さまざまな成分のうち,「医療用成分」というのが普通に販売できない理由のようですが,肝心の医療用成分がボクの症状に合うものとは違っていたので,わざわざ高い1類を買う必要もなかったので2類にしたわけです.

 さーて,土日も引きこもって寝たきり生活するぞー(笑)

| | TrackBack (0)

2010.04.22

マスコミ対応

ブログなんか書くヒマがあったら、報告書を早く!とか原稿(×3)を!とか原稿へのコメント(×3<)を!とか言われそうな今日この頃… あぁ、狩り実験がしたい。法廷バトル論文書きがしたい。

◆昨日(4/21)は、どういうわけかマスメディアの方々が集中した日で、G新聞の取材、C新聞の電話取材、T出版会から電話、N放送協会の記者さんから電話がありました。なんで、この日に限って集中? しかも、すべて違う内容(微妙につながってはいるけど)のことだったんですが、不思議なシンクロニシティです。

◆本日(4/22)は、昨日取材を受けた話が大きなカラー写真付きで新聞記事になってました。

県内生息種は長寿 絶滅危惧のスジシマドジョウ(岐阜新聞 2010年4月22日朝刊)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100422/201004220840_10520.shtml

 そんなにスゴイ発見でもないのですが… 記事最後のスジシマの説明が2001年版岐阜県RDBの引き写しなのでイマイチなものの、全体的にはうまくまとめてくださっています。
 オンライン版だとわからないのですが、印刷版はものすごく大きな扱いなんですよ。えぇ!?なんで?って思うくらい。数ヶ月後から動く企画の前振りも兼ねてるのかもしれません…
 
 
 午後は、昨日電話のあったN放送協会の記者さんが来られて、今後のための勉強&ネタ集めをしていかれました。万一、テレビカメラでも持ち込まれたらと危惧して、昨夜は無精ひげを剃っておいたのですが、その点は杞憂に終わりました。でも、どのマスコミも女性記者さんはことごとく美人なので(取材先の印象を良くして情報を引き出すためかな?)、こざっぱりとした格好にしておいて良かったですw(自己満足ですよ、もちろん)

| | TrackBack (0)

2010.04.17

書評など

◆「淡水魚類地理の自然史」の書評がありました → こちら
 
 
◆やななのブログを見ていると,湯浅みきさんという岐阜在住のマンガ家さんが4コママンガやイラストを描いておられるので,どういう方かな…と思って公式サイトを見たら,妖怪などが好きな方だったので市販されている単行本を買ってみました.

百目姫捕物絵巻

 岐阜が舞台となった妖怪退治の話.妖怪のマニアックな知識が詰まっていて,しかも地元の史跡や飛騨古川のきつね火祭りなどが出てきて,大変興味深い.とりあえず古墳は近いから見に行こうかと思いましたw

【八犬伝序の幕外伝】唐獅子牡丹

 話としては,上の百目姫よりもおもしろいかも.南総里見八犬伝を知っていれば,なおオモシロイのだろうけど,ボクの八犬伝についての知識は子供の時に見た角川映画くらいなので…

 いずれにしても,良い感じでマニアックですw
 
 
◆書店員の選ぶマンガ大賞2010受賞作品とかいう肩書のついた「テルマエ・ロマエ」というのも最近読んだのですが,これはまた,ほのぼのとオモシロイ… この味わいはうまく表現できないけど,ほっこりする,というかなんというか… 風呂好きのみなさんにはオススメですw

| | TrackBack (0)

2010.04.15

雑感いろいろ

◆こんなニュースが.
 
イタセンパラを「公開保護」
国や自治体、初の合同監視 地元住民に協力求める(Yomiuri-online 2010.4.14)

 
(リンク切れになったらこちらへ
 
 記事の最後には「また、国交省中部地方整備局の笹森伸博河川保全管理官は、木曽川水系での絶滅に備え、岐阜県各務原市の水族館「アクア・トトぎふ」で人工増殖、保護する方針を明らかにした。」とのこと.
 
 万一絶滅したときに,せめてもの遺産として水族館で系統保存するのは良いと思います.

 しかし,イタセンパラ減少の最大の要因は河川管理の仕方にあるわけですから,河川管理者である「国交省中部地方整備局」が,イタセンパラ保護のための河川管理の見直しではなく「木曽川水系での絶滅に備え」るのは,オカシイですね.(記者さんの文章の書き方の問題かもしれませんが,たぶん,国交省は河川管理を変えずに,小銭を出してトトにやってもらうだけでしょう)

 わかりやすくたとえるなら,「医者が患者を治療せずに葬儀屋の手配をした」ということですな.
 
 いや,それとも,「車で人をはねて,まだ被害者が生きてるのに,救急車を呼ばずに葬儀屋を呼んだ」ということかもね.
 
 
◆先日,昼食時に某社のカップスープを食べていたところ,不定型な金属片が出てきたので「異物混入か?」と思ってお客様相談センターに電話.指定された方法で,空き容器と金属片を送っておいたところ「パラジウム・金・銅を多く含む」ということと,金属片の形状から「歯の詰め物の一部」という鑑定結果が戻ってきました…

 思いっきり,こっちの勘違いだったようで恥ずかしいなぁ.味の○さん,どうもすいませんでした.その後,歯医者に行ったときに,いつも世話になっている美人歯科衛生士さん(←いつもマスクしてるから顔の半分しか見たことないけど)に詰め物がとれているところありますか?と聞いたら,たしかに一カ所とれておりました.
(どうでもいい話ですが,歯科衛生士さんに歯のことで疑問に思うことをちょこちょこ質問すると,うれしそうに詳しく説明してくれるので,歯のことが好きなんだなぁ,と思います.さすがプロですね)

| | TrackBack (0)

2010.04.14

新しきもの

いよいよ新学期が始動して,講義も開始.

 書類群はおおよそ一掃したものの,長文が必要な大物が2つ残っており,さらにその後も5月末までに投稿しなければならない原稿が2編.なんですかねぇ,この大連続狩猟は?

 他にも私事で心機一転して新たな一歩を踏み出したこともあって,今はいろいろとリセットして出直す気分でおります.
 
 
◆新学期の講義は,月曜日に大学院生の「応用生態特論」と1年生の担任代わりとなる「教養セミナー」.水曜日に「動物生態学」.

 応用生態特論は,英語を中心とした言語学を学ぶ留学生と,日本文学系ゼミの日本人学生が一人ずつ受講.え〜っと,何語で講義をすればいいんですかsweat01

 教養セミナーは,担当する先生が7名いるので,それぞれのセミナーでやることを説明した上で,第3希望まで紙に書かせて,その希望を元にして割り振り.ボクが担当するのは今年で3年目ですが,昨年度までは協力してくださる先生方に遠慮して萎縮しつつ開講していたところを,今年はかなり自分のカラーを出した内容にして,セミナー紹介の時にも胴長とタモ網を持ち込んで見せたら,大ウケでした(笑).
 で,「スポーツじゃないからさわやかじゃないし,つら〜い作業なので,汚れるのがイヤなヒトは,絶対に第1から第3希望にボクの名前を書かないように!」と釘を刺した上で希望を書かせたところ,ボクのところを第1希望としたのが17名.100名強の学生を7名で割ったときにちょうどいい人数だったので,今年は全員第1希望の学生という恵まれた状況でスタートです.
 そして,各担当教員ごとに部屋を分かれて,いざ説明などはじめると,きらきらと期待に満ちた目でこちらを見つめる純真な学生たち… そりゃそうだよなぁ,大学に入学して初めて講義を体験したその日だもん.でも,あまりにも眩しすぎて,心の汚れたアラフォー准教授にはつらいです(苦笑)
 
 動物生態学の第1回は,教育学部の学生と地域科学部の学生がほぼ半々で,合計30名が受講.この講義も改良しつつ7年目に入ったので,うまくできるはず.なるべくウケをとりつつ,小難しい概念を教えたいものです.
 
 
◆大学生協のチラシを見ていると,新型デジカメがいろいろ掲載されており,好みの機能がついたものがいくつも発売されたようです.
 P社の「デジタル顕微鏡モード」搭載型,N社の「プロジェクター内蔵」型,O社の防水・耐衝撃・耐荷重型の新機種,S社の「GPS搭載10倍ズーム」型.
 ジオン脅威のメカニズム,って感じで,見てるだけで楽しいです♪ 「プロジェクター内蔵」は,学生と合宿に行くときなどに遊べるかな,というくらいだけれど,「デジタル顕微鏡モード」は稚魚や小型ハゼ類の簡易な撮影には使えるかも.「GPS搭載10倍ズーム」は,通常のデジカメでは撮影しにくい干潟の半陸性魚や野鳥を撮影可能になるのと,採集地点の緯度経度が写真に記録されるというメリットがありそう.防水・耐衝撃は,今の主力として使っている機種の何世代も後の後継機なので,現在不満に思っている画質や色調が改善されていれば魅力的ではあります.
 ま,どれも高いから買わへんけどなw

| | TrackBack (0)

2010.04.12

新種

◆また日本の淡水魚に新種が増えました.ヨドゼゼラです.

Kawase S and Hosoya K (2010) Biwia yodoensis, a new species from the Lake Biwa/Yodo River Basin, Japan (Teleostei: Cyprinidae). Ichthyol. Explor. Freshwaters, 21(1): 1-7.
 
PDFを第三者が勝手に配布するわけにいかないので,論文の欲しい方は著者に連絡していただくか,「御相談ください」.

 さくっと学名が付くと,本当にスッキリした感じがしますね.

 関連する論文として,ヨドゼゼラが他地域のゼゼラとは遺伝的に大きく離れているということを示したものもありますが,まだ学会誌に掲載されておらず,PDFになっていないので,もうちょっとお待ちくださいませ.こちらは,ボクも著者に入っているので,PDFをくださいと言われたら,ハイハイと差し上げることができます.
 
Watanabe K, Kawase S, Mukai T, Kakioka R, Miyazaki J, Hosoya K.
Population divergence of Biwia zezera (Cyprinidae: Gobioninae) and the discovery of a cryptic species, based on mitochondrial and nuclear DNA sequence analyses.
Zoological Science, in press


 ちなみに,先日のシマヒレヨシノボリについては,本来なら形態的に特徴のある地域個体群なので「亜種」の方が良いのですが,トウヨシノボリの学名が定まっていない状態でトウヨシノボリの亜種として名前を提唱することはできない,ということで「種」扱いになったという経緯もあります.ようするにシマヒレの記載がスッキリしないのは,他のヨシノボリ類の学名が付いていないせいだという側面もあります.

 ハゼ類については,ヨシノボリ類以外にも,ジュズカケハゼ類やゴマハゼ類など,学名が付いてないとか,和名すらついてないとかいったものもまだまだあります.そして,DNAを調べて「これは他とは明らかに違う」と言っておきながら,その後の命名をしない,という悪者の一人がココにいるわけですが… すいません.記載するための形態観察や模式標本との照合のためのスキルは,ボクは持ってないんです.
 
 
◆先週末の金曜日には,まだ成体の写真を撮影していなかったスナヤツメ北方種を採集しに行ってきました.
 
 
Dsc_2730
無事採れました
 
 
 常にガラス面に吸い付くので,イマイチ格好良い写真にならないですね.細長いから写真も見栄えがしないし.

| | TrackBack (0)

2010.04.11

どうでもいい考察

シゴト面ではやるべきことがイロイロ残っていたのだけれど,個人的な事情で土日は引きこもりしてました…
 
◆ところで,うちの近所のスーパーのすぐ近くに小さな酒屋があって,ときどきそこでお酒を買うのですが,いつもレジに猫がいるんですよ.
 
100410_16400001
 
 この写真だとレジ奥の椅子に座ってるんですが,レジカウンターにいることも多くて,なんかカワイイんですわ.でも,一番かわいい場面を撮影しようとすると奥に逃げてしまいます.
 
100404_18160001
あ~あ,行っちゃった.
 
 ちなみに,三毛もいるんですが,そっちはレジに乗ってるのを見たこと無いです.
 
 
◆以前,男性に比べて女性は,異性の声の良し悪しを評価する傾向にあるという事を書きました.そのときは,個人的な印象で書いていたんですが裏づけとなるデータがありました.

男性のフェチ心ランキングTOP10

女性のフェチ心ランキングTOP10

 
 男性は一位から四位が視覚的刺激についてのものが多く,それに対して,女性の一位(120票)が二位(58票)に大差を付けて「声」になっています.二位も「匂い」なので,異性の魅力に対する評価基準となる感覚が,はっきり違うことがよくわかります.(ちなみに男性の一位は「胸」とのこと.ゆうメンタルクリニックかよ!と思います…w)

 ある程度分析的な視点を持った大人だったら,こうした違いの原因を説明できる仮説をすぐに思いつくと思いますが,このブログは少年少女も見ているので解説は自重しますsweat01 「動物生態学」の講義で扱うのもキビシイかな. ま,大人になればわかりますよ.たぶん(笑)


(2010.5.2追記)
昔,このブログにこんな論文を紹介していたのをすっかり忘れておりました.
ちゃんと研究されてるんですよね(笑)

Bruckert et al. (2006) Women use voice parameters to assess men’s characteristics. Proc. Royal Soc. Ser. B, 273:83-89.

 論文のタイトルを意訳すると“女性は男性の声を,その人の身体的特性を判断するために利用している”ということのようです.

| | TrackBack (0)

2010.04.07

書類地獄

年度初めのせいか,次から次へと書類が降ってくること甚だしい.

 届出・報告・計画……ここ数日で,いったいいくつ作成したか憶えてません.自分で申請した科研費は今回も不採択だったので,その点では事務作業が増えずに済んでいるし,今もらっている資金も書類の負担の多くは代表者が担ってくださっているので,とてもラクさせてもらってるんですけどね…

 なんとかして金曜日までに書類地獄から抜け出して,土日に自宅で何も考えずに休養しないと精神的消耗が激しいです.


◆それでも,春らしい陽気はいいですね.

100406_14100001
昨日,教育学部の生物教員の方々と花見をしたときの桜.まさに満開です.
 
 
P4042825
これは数日前に野外調査に出たときのアマガエル.休耕田にかなりの個体数が出てました.
 
 他にも,大学でコウモリが飛んでるのを見たから,あれも越冬から覚めたのでしょう.

 春らしいといえば,今日は入学式だったようでした.人が多いのは苦手ですし,特にサークル勧誘みたいな学生がたくさん湧いてるのは,さすがにウザイ… 玄関でたむろしたり,廊下を塞ぐなよな…

| | TrackBack (0)

2010.04.05

受付終了

なんだかんだで,今年度は本の出版に関して3つほど編著者の役割をしなければならないことが確定.

 一つは全国で売るもの,もう一つは地方出版,あと一つは自費出版で,後の二つは言いだした人が「立場的にできない」というのでやむなく引き受けたり,誰も具体的にまとめない(まとめられない?)ので業を煮やして引き受けたりしたものです.

 とりあえず,これ以上何か押しつけられると,どうにもならなくなるので,なにか出版するとか,研究会・シンポの世話をしてほしいとか,そういうシゴトは今年度はもう受付終了であります.

 あと,一般向け講演の類も,いろいろ依頼されたのを引き受けていたら4月から7月まで毎月一つ以上やることになってます…

 精神力が充分なら,この程度は何ともないような気もするのだけど…
 

◆ところで,4月からアニメのケロロ軍曹が15分番組になってしまったんですが,東京では日曜深夜に30分のちゃんとしたバージョンが放送されているとか!? ヒドイ… 地方では15分版しか放送しないというなら,もう見るのやめよかな.

| | TrackBack (0)

2010.04.02

とある科学の遺伝子増幅<PCR>

 気乗りのしないデスクワークのためにずっと座り続けているので,筆無精のボクにしてはここ数日のブログの更新頻度が高いこと高いことw どうでもいい話ですが,タイトルの元ネタのマンガ・アニメは見たことないです.念のため.
 
 
◆とりあえず,書類書きの合間に某生物の種判別をしました.
 
 
Dsc_2715_2
解説はしません
 
 
 いただきもののサンプルなのですが,やはりあの場所はこっちの種類で,もう一つの場所は2種混在だなぁということが読みとれる写真なんですよ.
 
 
◆そういえば「授業評価」とかいうものがあって,12月頃に大学の講義の受講生にアンケートをしていた結果が戻ってきました.シラバスの内容とか,授業内容の良し悪しとかについて1〜4点で評価されているのですが,「環境保全論II」「微分積分II」「生物学I」について,大体平均以上だったので,まぁ,良かったかなと.(微積が高得点なのが,納得イカンけどw)

 「生物学I」は自信を持ってオススメできる講義内容のはずなので,高得点で一安心.
 自由記述も↓こんな感じで,とてもうれしいです.

 「生物を高校で履修しませんでしたが,大体の内容は分かるので,講義が楽しめています.時々ある,ネタ的(!?)なスライドにこっそりウケてます….」
 「パワーポイントが見やすかった.」
 「スライドが見やすくて,わかりやすい.」
 「非常に面白い授業なので,毎回楽しみにしています.」

 こうして並べると胡散臭い広告みたいですがw 否定的な意見がなくて,皆楽しんでくれたのが,本当にうれしいですね.こっそりじゃなくて大ウケしてくれてもいいんですよ〜.

| | TrackBack (0)

2010.04.01

新ヨシノボリ

4/1はエイプリルフールということで,いろいろなウェブサイトがネタに走ってますね.みんなヒマやなw

◆さて,ウソではなく本当の話として,日本産ヨシノボリにまた一つ新たな和名のついたものが増えました.

鈴木寿之・向井貴彦・吉郷英範・大迫尚晴・鄭 達壽(2010)トウヨシノボリ縞鰭型の再定義と新標準和名の提唱.大阪市立自然史博物館業績 第418号, pp.1-14.

 PDF版があるので,御希望の方はメールください.

 ただ,個人的には縞鰭型をトウヨシノボリとは別種として分けることに懐疑的で,色斑による見分けも自信がないのですが,マイクロサテライトなどを使った既報に基づく「別種に相当」という意見を否定しきれないのと,地理的変異がトウヨシやビワヨシの国内移殖で失われつつある現状を世間に理解してもらうための一助として和名が必要という理由から「シマヒレヨシノボリ」の提唱者に加わっております.

 そういうわけなので,岐阜県のはトウですか,シマヒレですか,とか,そういう難しいことは訊かないでください.どうしても知りたい人は,マイクロサテライト分析をして,新和名提唱への道を開いたO原さんに問い合わせてくださいませ.


◆昼には,いつもの御用聞きの営業の兄ちゃんが来て,何か良いものをくれるという.
「赤と緑とどちらがいいですか?」というので,どうせシャア専用と量産型だろうな,と思ったら…
 
 
P4012816
赤はVF-1A一条機でした…( ̄Д ̄;;
 
 緑は柿崎機だったということなので,「赤」と答えて良かったですw
 
 
◆今日は,また山積しはじめた雑多な用事を書きだしてから片付けようと思っていたのですが,ちょっと面倒だけど重要な作業の提案があり,関係者の中では,おそらくボクが一番できそうだったために,先送りせずに済ませてしまうことに… かなり肩が凝ったけれど,なんとか数時間で終了.

 その後,ちょっと休憩して,夕食を食べてから,明日のために雑用の整理.なんでこんなに書類ばっかり書かなきゃならないのかなぁ,と思います.分かる人にしか分からない喩えをすれば,ランゴスタが無数に湧いているような感じ.あ〜,気分悪いなぁ…

| | TrackBack (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »