« 「ハゼの世界とその多様性」 | Main | 「理系のための即効!卒業論文術」 »

2010.02.03

一山越えたか…

1月最後の週は,4年生たちの卒論の学部事務への提出期限(1/29)があり,なおかつ週末は科博で自分が一般向け講演をするので準備も必要ということで,卒論指導+講演準備のヘヴィな一週間でありました.しかし,なんとかなって良かった…

 講演については,卒論で気が立っているであろうゼミ生を徴用して練習に付き合わせたりしつつ準備したので(一応,気を遣って岐阜のセレブ御用達の洋菓子屋で良さげなものを買って差し入れもしましたが),プレゼン的には悪くないはずだけど,内容が一般向けではなかったかもなぁ,と,やや反省.
 結局,「ハゼの多様化は異所的種分化か同所的種分化か」という問題を,汽水淡水ハゼの種内系統地理と遺伝子浸透から考察した話をしたので,「淡水魚類地理の自然史」の9章と11章で書いた内容を原作とした劇場版といったところでしょうか.
 一般的に,小説を原作とする映画は,原作を読んでないとわからん,とか酷評されがちなものですが,同じ轍を踏んでしまったかも.


 
 
 
 さて,それとは別に告知です.

◆今年(2010年)のGORI研究会の開催地ですが,琉球大学のKMさんが引き受けてくれたので,沖縄で開催ということになりました.
 
 開催時期は,たぶん例年と同じ頃?かな? しかし,6~7月頃となると,ボクは予定がすでにいくつか入っているので,場合によっては自分が参加できないということになるかも.

|

« 「ハゼの世界とその多様性」 | Main | 「理系のための即効!卒業論文術」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47464309

Listed below are links to weblogs that reference 一山越えたか…:

« 「ハゼの世界とその多様性」 | Main | 「理系のための即効!卒業論文術」 »