« 一山越えたか… | Main | 「DNA鑑定」 »

2010.02.03

「理系のための即効!卒業論文術」

↑標題の本を,先日の講演会の帰路+αの時間で読みました.

 別にマヌアル大好きなわけではないのですが,自身の作文力・プレゼン力向上のためと,学生の指導の足しになるようにと思って,論文書きの本は時々買って読んでます.

 この本については,かなりシンプルに,わかりやすくまとまっているので,結構良い感じです.「これ論」のシリーズが,充実した内容を目指して肥大化しているので,もっと短い即効性のあるものとして有用だと思いました.( 「これ論」は,論文書きの歌とシンプルな説明だけだったPDF版の方が良かったと思います)

 この即効術の本は,名言・格言も楽しいし,架空事例もボク好みです.中盤のグラフの説明が,工学より過ぎてちょっと,とは思いますが,全体的には平易で分野を問わない感じですね.で,読んで思い出したのですが,この著者の方は,卒論書きのホームページも持っていて,そっちも以前に読んだことがあったのでした.

やればできる卒論の書き方
(改めて見るとこれも新書版よりウェブ版の方がおもしろいような気が…) 

 
 もう一つ,講演会で篠原さんが紹介していた3冊のハゼ本の中で,「天皇陛下 科学を語る」という本は未入手だったのでアマゾンで買ってみました.昨日届いたのですが,開いて見たら,字の大きさにびっくり! そして,採録されている論文の図表と引用文献が全て省略されていることにガッカリ!
 本をまとめた人が,陛下の研究の中身には全く関心が無いことがよくわかる本でした.
 
 
 さて,それにしても今日は朝から職場巡視→会議→会議→会議の日だったので,研究室に戻ってもすぐに「じゃ,次の会議行ってきます」と言って出て行くボクに学生も苦笑いするのでありました.やれやれ.
 そんなわけで,もう寝ます.zzz…

|

« 一山越えたか… | Main | 「DNA鑑定」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47470714

Listed below are links to weblogs that reference 「理系のための即効!卒業論文術」:

» 「理系のための「即効!」卒業論文術」 [作ってはこわき作ってはこわき]
中田亨. 2010. ブルーバックス B-1584 理系のための「即効!」卒業論文術 この通りに書けば卒論ができあがる. 株式会社講談社, 東京.  少なくとも世間一般では、教育学部卒の自分は理系でないことになっている。まあそうかな。高校も文系クラスだったし。大学生になって初めて微分積分の本格的なやつをやったし。  研究室選びの段階から、随所に書いてある格言みたいなのがなかなかおもしろい。クスッと笑えるのもある。  まずもって、学費や通学時間の心配とかぜんぜんなくて研究室を決める..... [Read More]

Tracked on 2010.02.14 at 09:34 PM

« 一山越えたか… | Main | 「DNA鑑定」 »