« 「生物学I」試験問題 | Main | なべこわし »

2010.02.09

油断と敗北

何があったとは書けないわけですが,痛恨の出来事があって標題の言葉が頭に浮かんだのです.
すべて余裕をもって準備していたはずなのに,ほんの一つだけ欠けていたがために…


 もちろん,遠因となったのは長らくまともな休暇を取らなかったことによる疲労の蓄積かとも思えるので(しかし,土日の用事は正規の労働とは別のものばかりなので,労働条件に問題はないわけですが),余裕と思えたのは単なる誤りで,単に油断だったということなのでありますが.

 考えてみれば,土日が二日とも実際的な休みとして機能したのは1/9-10あたりが最後で,その後は土日のどちらかは用事が入ったり,この2週間ほどは土日とも用があったので,中年にさしかかった身にはじわじわと疲労が蓄積していたようです.

 いずれにしても,あと二日間の体力と精神力が持てば,まがりなりにも用事の入っていない休日が待っていたし,その後の予定は,もう少しマシになるはずだったので,あとちょっとが保たなかったのは残念です.(ただし,今週の土曜日も大学に出る用事がありますので,やはり“連休”などというものはまだ夢のまた夢ですが)

 正直なところ,断ることが可能な依頼は,もっと積極的に断るべきなのかもしれません.


********************************************************
ま,そのように愚痴りつつも,やらずにはいられないものもありまして,この土曜日は雪の中を高校生が研究室に来て,うちの学生にアシストしてもらって実験.

 日曜日は朝から長良川に出て湛水域に稚アユがいないかの市民学習会の調査に参加しておりました.

P2072659
↑こんな感じで船で出るわけです.
 
 

P2072657
↑本当は地引として使う稚魚ネットで表層引きをしてみました.
 検証すべき仮説がちょっとイマイチな点を差し引いても,収穫が少なすぎたかな…

 しかし,船は爽快な面もありますが,冬に向かい風の中で走ると,とんでもなく寒かったです.

|

« 「生物学I」試験問題 | Main | なべこわし »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47523394

Listed below are links to weblogs that reference 油断と敗北:

» 長良川下流域稚アユ調査 [作ってはこわき作ってはこわき]
http://dousui.org/blog/index.php(参照 2010-02-07) 稚鮎調査のお知らせ 参加者募集!  自分の感覚としては今そんなところに稚アユって......と思うが、やるというから行ってみた。  雪および寒さのため、岐阜から羽島あたりまでずっと超低μ路が続いていて正直怖かった。いかに夏のあいだPOTENZAの性能に頼っていたかわかる。  かつてはこのあたりへ夜エビ捕まえにきたこともあるが、現在の下流域はそういう雰囲気でない。 【日 ..... [Read More]

Tracked on 2010.02.09 at 09:38 PM

« 「生物学I」試験問題 | Main | なべこわし »