« 「DNA鑑定」 | Main | 油断と敗北 »

2010.02.05

「生物学I」試験問題

昨日作って,今朝の1限におこなった「生物学I」の試験問題はこんな感じ.

*********************************************
2009年度 生物学I 試験問題

1.下図は2種類の渦鞭毛植物の細胞構造の模式図です.それぞれの種の持つ葉緑体が,どのようなプロセスを経て,両種の細胞内共生体となったのかを,細胞内の構造を元に説明してください.

(裳華房の「藻類の多様性と系統」p.154からAmphidinium latumPeridinium quinquecorneの図を引用)

2.「がん」の原因となる遺伝子を「がん遺伝子」と呼ぶ.最初に発見されたrasと呼ばれる「がん遺伝子」はGタンパク質を作る遺伝子だったことが判明しているが,なぜrasが「がん」を引き起こすのか説明してください.

3.筋肉細胞で蛍光色素タンパク質を発現させた遺伝子組換えメダカを作る方法を説明してください.

4.19世紀にチャールズ・ダーウィンやアルフレッド・ウォレスが,生物が進化して多様化する仕組みを思いつく上で重要な役割を果たした2冊の本がある.その2冊の本の著者とタイトル,ダーウィンやウォレスに進化論のアイデアを与えた理由を述べてください.

5.一卵性双生児の男性タツヤ君とカズヤ君,一卵性双生児の女性ユカさんとリカさんがいて,タツヤ君とユカさん,カズヤ君とリカさんがそれぞれ結婚して,それぞれの夫婦に男子が生まれました.両夫婦に生まれた男子2人は,遺伝的にはどの程度類似していますか? 次の3つから選択して,理由を説明してください.

a)遺伝的にほぼ同じ   b)通常の家庭の親子程度   c)通常の家庭の兄弟程度

★解答用紙が余ったら,生物学Iの講義全体を通した感想など自由に書いてください.興味深い内容なら加点します.

*********************************************

 ノート・資料持ち込み可にしておいたのですが,出来の良し悪しはいろいろでした.5問目はサービス問題だったので,abcからの選択は全員合ってましたが,説明は…

|

« 「DNA鑑定」 | Main | 油断と敗北 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47482679

Listed below are links to weblogs that reference 「生物学I」試験問題:

« 「DNA鑑定」 | Main | 油断と敗北 »