« 中日新聞朝刊 | Main | ダーウィン »

2010.01.11

「アユは語る」

土日は研究室にいかなかったのですが,明日(1/12)の1限の準備とか,今のうちに済ませておきたいPCRをするためとか,改訂しなければいけない原稿とか,いろいろあるので今日は研究室へ.

 ちなみに明日(1/12)を4年生の卒論初稿の提出日としてあるので,研究室で4年生が卒論書きをしている姿を確認して一安心.


◆ところで昨日・今日と淡水魚関連で次のようなニュースが…

絶滅危惧魚を不正取引 3容疑者きょうにも逮捕(2010年1月10日中日新聞)

絶滅危惧魚を無許可で捕獲、譲渡 愛知県警、3人逮捕(2010年1月11日中日新聞)

 逮捕者の一人は,昨年の「イチモンジタナゴ」の時も捕まっているようです.それにしても,イタセンパラにアユモドキにネコギギと,御禁制の品ばかり狙って,最悪ですな.ただ,いずれの魚も絶滅危惧となった要因は河川管理や農地改良,ダム建設が原因なので,密漁が直接的な減少要因ではないわけですが.


◆また,中日新聞岐阜県版は,1/1から1/11まで「アユは語る 第1部 途切れたつながり」という連載を9回に渡って続けていました.大晦日の岐阜県版RDBについての記事は,そのプロローグだったわけです.ボク自身も多少協力しておりまして,連載8回と9回にはコメントも入ってます.
 オンラインに掲載されておらず,県内版なので岐阜県の人しか読むチャンスがないため,何か,広く読んでもらう手段はないものかと思うのですが,著作権的に難しいでしょうね…

 とりあえずサブタイだけでも書いておきます.

<アユは語る 第1部 途切れたつながり>

 1.消えた満ち引き   よどむ流れ 川下り阻む
 2.遡上激変      春の使者に堰堤の“影”
 3.細る漁場      重なる改修 堰がとどめ
 4.幻の大アユ     大量遡上で小型化加速
 5.母なる石      卵のベッド ダムで消滅
 6.追わない理由    縄張り守る闘志 減退?
 7.独自の“進化”   ダム湖 新たな繁殖地に
 8.新たな脅威     清流に迫る外来魚の影
 9.全国一の放流量   人介さねば絶滅おそれ?

 内容的には,矛盾するような部分もあって,若干クビをかしげてしまうところもなきにしもあらずですが,さまざまな要因が異なる現象をもたらしていて,それをどのような断面で見るかによって見え方が違うのでしょう… いずれにしても,長良川も木曽川も,あまりに自然の姿からかけはなれた状態にあることは間違いないようです.

|

« 中日新聞朝刊 | Main | ダーウィン »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/47265353

Listed below are links to weblogs that reference 「アユは語る」:

» 「アユは語る」とな [作ってはこわき作ってはこわき]
http://gokudon.cocolog-nifty.com/review/2010/01/post-76de.html(参照 2010-01-11)  中日新聞読んでないから、アユの連載も向井先生のコメントも知らなくてあせった。  けっこうたいへんなことが載っていたりもする。池干しで外来魚駆除した湖にまたブラックバスがいたとか。これは全国的に広めなくていいのか?わからん。...... [Read More]

Tracked on 2010.01.11 at 11:47 PM

« 中日新聞朝刊 | Main | ダーウィン »