« SPA! | Main | 科研費 »

2009.10.17

分類思考の世界

学会が終わってから,会議に出たり講義をしたりしながら,学生と野外調査等の日程調整をしたり,いろいろな依頼やシゴトの日程調整をしつつ,科研費申請の下書きをしております…

 しかし,自分が代表で申請する分については,ここ数年の間に負け癖がついているので,どう書いてもダメな気がしてツライ……他の予算がある内に大きめの申請にチャレンジしようかとも思っていたけど,夏休みから学会前まで忙しすぎて,全然アイデアを練ったり,共同で申請できそうな人に連絡しなかったので,そっちは諦めて,ダメもとで個人レベルのを出します.

 月曜日が学内締切なので,一応,下書きまでは済ませたけど,自信がないなぁ.これがスランプってやつか…?


◆さて,そんな憂鬱な状態なので「逃げちゃダメだ,逃げちゃダメだ…」と某有名アニメの主人公のように内心つぶやきつつ,結局は時折気分転換に本を読んだりしておりました.

 で,学会前からぼちぼち読み進めていて,さっき読み終わったのが三中信宏さんの「分類思考の世界」.

 この「分類思考の世界」は,進化生物学に絡んでいる日本の研究者ならお馴染みの「種」はあるかないか論争についての三中京極堂の見解を記したものです.若い院生やポスドクは知らないかもしれませんが,EVOLVEのような進化生物学のメーリングリストで過去何度も「種論争」があったのですよ.みんな熱かったなぁ,あのころ(遠い目).

 このごろはほとんど国内での種論争はなくなりましたが,それは以前に議論に参加していたり,端で見ていた人達が,これは決着はつかない,ということに気付いて,それぞれのコミュニティに引っ込んでしまったからかなぁ,と,ボク個人は思っています.結局,自然物を整理するための便宜的ツールとしての「種」は必要ですが,生物学的には「あると思う人にはある」ような魍魎だということを納得できない人も多いのです.

 で,三中京極堂の結論は「この憑き物は落とせない.だからそのまま付き合うしかない」ということのようですね.

 そんなふうに割り切ってるせいか,三中さんがノリノリで書いてるっぽくて,本の内容が,かなり趣味に走ってる感じもします.「うわん」とか「魍魎」の絵を載せているあたりなんかは,すっかり京極夏彦風になってるし,本文とあんまり関係なく「もやしもん」のコマを2箇所も載せてますから悪のりしてるような気も…(ボクは,そういうの好きですけど)

 他にも哲学のいろいろも書いてありますが,その辺はボクにはさっぱり理解できないので(種は「個物」だとか「システム」だとか,全然イメージ出来ないッス),そういうのはわかる人がわかればいいのかな? ようするに,この本の重要な部分である「哲学」のところが,ちゃんと読めてないんですけど(汗)

 ちなみに,以前「系統樹思考の世界」も読んだのですが,系統樹思考の方が教科書くさい?かな? もっとマジメな感じだったような印象があります.

|

« SPA! | Main | 科研費 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/46511813

Listed below are links to weblogs that reference 分類思考の世界:

« SPA! | Main | 科研費 »