« 分岐年代の推定2 | Main | 「まんがで読破 種の起源」 »

2009.07.23

凶兆?

◆昨日は,日蝕,日蝕と世間が浮かれているにも関わらず,学生と水路の魚の定期調査に行っておりました.どうせ曇ってるから日蝕もよく見えないだろうと思っていたのですが,それなりに見えていたようですね.ちょうど日蝕がピークの11時頃は調査地に移動中だったのですが,曇っていて薄暗いのかと思っていたのが,実は日蝕のせいだったのか…?

 さて,そんな調査地で先週,学生が採ってきたオタマが…
 
Dsc_1837
 
 
 「タガメの餌用にオタマ採ってきて」と頼んでおいたら,何匹かオタマジャクシを持って帰ってきてくれたんですが,その中にこの個体がいたわけです.最初は後肢も,もっと小さかったのですが,だんだんと変態が進むに連れて3本目の後肢がさらに2本に枝分かれしていることがわかってきました.

 まだ生きてますが,なんとなく弱そうな個体なので変態できるかどうか…
 
 
 
◆さて,昨日はそんなこんなで,いろいろやりつつ,魚類学会の発表の申込みも済ませて,今日は信魚研の申込みも無事終了.さらに,長らくペンディングされていた査読も2編終了.残りは長い論文の査読が1件と,共同研究で目を通すように頼まれていたのにペンディング中のものが二つ.早くしなきゃ…
 
 
 
◆そういえば,今年の10月に刊行予定ということで,某本の担当章の初校ゲラが先週届きました.ボクは9章と11章を担当してるんですが,11章のゲラは図が全て違う順番で挿入されていました….
_| ̄|○
 
 図の説明は全て順番通りに正しく挿入されていたので,おそらく原図のファイル名を「図1」とかにしていたのが,作業途中で分からなくなったのかなぁ,と…

 ちなみに,せっかくなので関連する研究をしている学生君に両章を読ませてみましたが,やや理屈っぽい9章は難しかったようです.しかし,実例を集めた11章は読みやすかったようですね.難しいことを難しく書いて頭の良いふりをするのはキライなので,子どもでも読めるけれど内容のあるものになってるのが理想なんだけど……
 
 
 
◆今日見つけたオンライン記事

カワアナゴ、琵琶湖で初捕獲…滋賀
観賞魚逃がす?滋賀県水産試験場「放流やめて」


 観賞魚の放逐も外来種問題となるわけですが,カワアナゴも? 確かに,観賞魚起原も考えられるんですが,滋賀県はウナギの放流もおこなっているので,汽水性や通し回遊性のハゼ類については幼魚がウナギ種苗に混入する可能性もありそうな気がします.

|

« 分岐年代の推定2 | Main | 「まんがで読破 種の起源」 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/45719202

Listed below are links to weblogs that reference 凶兆?:

« 分岐年代の推定2 | Main | 「まんがで読破 種の起源」 »