« Herpetile | Main | 徳之島 »

2009.06.24

2009年度GORI研究会プログラム

2009年度ゴリ研究会の参加申込み者の皆様にメールを発送しました.

 結局,今回は講演の申込みが少なめ(10題)だったので,二日間の予定を変更して「7/4(土)のみ」にしました.参加者の数は約30名なので,ほどほどではあるのですけど.

 と,いうことで,7/5のみ参加したいという方もいたので大変に悩みまして,もともとゴリ研究会というものは,ゆるく開催するものだったという話を挿入して,どうか御容赦くださいという文面付きでプログラムを送ったわけです.そのお話しとは,次のようなものです.(若干手直しを加えました)


***************************************************

 かつて,ゴリ研究会を始めた当初のお話しをしてくださった大先生が,研究会の懇親会において参加者の皆さんに向けて話をされたことがあります.

 そのときのお話しでは,当時はカワヨシノボリの存在が発見されたばかりで,関連する研究者仲間で集まって情報交換をすることになったそうです.(←ゴリ研の始まり)

 そして,予定していた日の「前夜」に,宿でその場にいた数人で飲みながら楽しく話し合ったといいます.

 夜が明けて,翌日やってきた方に対して,その先生は言ったそうです.

「もう終わりましたよ」

***************************************************

 それで,怒られたと言ってたか,笑って許されたのだったか,話を聞いていた私の記憶が定かではないのですが,そういう集まりだったそうです.いやはや,昔の先生方の鷹揚さは,すごいものです.

 さすがに,今,そのようなことをすることはありませんが,ゴリ研究会とは,元々そういうものだったようです.

 今回は,創始者となられた世代の先生方の参加はありませんし,数年前までよく参加されていた先生方も最近は御無沙汰なので,すっかりメンバーも変わりましたが,あまたの研究会が講演数の増加によって学会化していく中で,あえて少人数で飲み会中心の集まりなのもまた,良いものかもしれません.(他には,信州魚類研究会がバーベキューを目的に開催しているくらいか?)

 ちなみに,参加を御申込みいただいた皆様の大半が懇親会に参加してくださるところが,とてもうれしかったりします.

 ま,そんなわけで,準備もぼちぼち進んでいますので,なんとか参加者の皆さんと楽しめればなぁ,と願ってます.

 とかいいつつ,明日から一人で徳之島に採集クエストに出かけてくるので,その間はいろいろなシゴトがストップしますが.土曜日夜までメールも見ないから,よろしく〜.


以下,2009年度ゴリ研究会プログラム

--------------------------------------------------------------

2009年7月4日(土) 会場 岐阜大学 柳戸会館
(今回は7/4のみの開催となります)

1. 紀伊半島におけるゴマハゼPandaka sp.の分布とゆかし潟の魚類
平嶋健太郎(和自然博)

2. アベハゼ・イズミハゼの地理的変異
小野由貴・杉本真奈美・向井貴彦(岐阜大地域)

3. 西表島浦内川汽水域で採集されたハゼ亜目仔魚について
前田 健・吉田 雅哉・立原 一憲(琉大理)・鈴木 寿之(兵庫県尼崎北高)
木下 泉(高知大海洋研)

4. シラスウオの新種はどれだけいるのだろうか? - 海外サンプリングの中間報告 -
昆 健志(東大海洋研)

5. カジカ科魚類の精子の比較形態:交尾種と非交尾種の違いについて
古屋康則(岐阜大教育)・早川洋一(ICU生命科学)・宗原弘幸(北大FSセンター)

6. 東海地方の干潟におけるハゼ科ウキゴリ属魚類4 種の生息環境 - 底質粒径との関わり -
荒尾一樹((株)環境科学研究所)・鈴木陽介(東海大院・人間環境)・北野 忠(東海大・教養)

7. 九州におけるキセルハゼの分布とその生息環境について
乾 隆帝(九大院農)

8. 日本列島におけるオイカワの系統地理と国内移殖の実態
早川明里(岐阜大地域)・高村健二(国環研)・中島 淳(九大院工)
 河口洋一(徳島大工)・鬼倉徳雄(九大院農)・向井貴彦(岐阜大地域)

9. ダム湖の水位低下操作を利用した外来魚の防除手法とその効果
大杉奉功(WEC)、熊澤一正・浅見和弘(OYO)、中沢重一(国交省三春ダム)

10. 岐阜県レッドデータブック改訂において選定された魚類:その選定方法とココだけの話
向井貴彦(岐阜大地域)・古屋康則(岐阜大教育)

17:30〜19:30 懇親会

 懇親会後,解散(→二次会など)
--------------------------------------------------------------

|

« Herpetile | Main | 徳之島 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/45440520

Listed below are links to weblogs that reference 2009年度GORI研究会プログラム:

« Herpetile | Main | 徳之島 »