« September 2008 | Main | January 2009 »

December 2008

2008.12.30

ケロロ軍曹の環境フリーペーパー

ある程度年内の仕事を片付けたので、昨日から東京に潜伏しております。

ところで、先日、ケロロ軍曹が環境大臣と会っているというオンラインの新聞記事を見たのですが、その際に子供向けの環境フリーペーパーを西武線沿線で配布ということだったので、今回はそれをゲットしてきました。

P1031952
↑表紙

P1031953
↑中身はこんな感じ


 変にマジメになり過ぎずに、おもしろくできてるなぁ、と思いました。これで研究室にケロロ軍曹のコミックがあることも、講義のパワポにケロロがでてくることも、「環境教育ですから」ということで無問題でありますな。

 ちなみに、環境省の報道発表資料として、ケロロ軍曹が大臣を表敬訪問することがお知らせされているのですが、公文書に書かれると、すごく変な感じですね~。ある意味、不思議の国「日本」を体現してるとも言えますが・・・coldsweats01

環境省報道発表資料 平成20年12月12日
ケロロ軍曹による斉藤環境大臣への表敬訪問について(お知らせ)


 ついでに、新宿紀伊国屋で「生物系統地理学」が実際に店頭に並んでるのを確認してきました。よかったです、ちゃんと売られてて。たぶん、岐阜県の本屋にはどこにも置いてないだろうけど・・・

| | TrackBack (0)

2008.12.29

仕事納め(のつもり)

10月から12月まで,ずーっと働きづめだった気がするんですが,がんばったおかげで年内に済ませるべきことは大体完了した感じがします.ただ,年齢のせいか,疲労のせいか,食生活等が悪いせいか,体調的にはイマイチなところもあったり,なかったり・・・

 年内に済ませておきたかった仕事として,依頼されていた論文の査読が3件と,他大学から依頼された研究内容の評価書類作成があったので,先週中におおよそ完了させたのですが,その直後に,以前査読した論文の改訂稿が届き,共著の論文の草稿が届き,嬉しいお知らせなんだけど年明けに忙しくなること確実な連絡が来て・・・
 とりあえず年が明けたら考えよう (ノ∀`) アチャー

◆他にも,忘れないようにやるべきことのメモ
・学会シンポ企画の提出
・研究費の成果プレゼン準備
・国際シンポ申し込み
・ごり研開催準備

 ってなわけで,年明け後もヤバイ感じのため,4年生たちが自力でちゃんとした卒業論文を書いてくれるといいなぁ,と願うしだい・・・


◆結局,ここ数ヶ月で何が忙しかったのかというと,

・ちょっと厚めの本3冊読破した上での書評執筆
・草稿状態で寝かせすぎていた原稿の仕上げと投稿
・研究費申請×4件(代表1,分担3)
・翻訳本の再校チェック(これは,ぼくは大変ではなかったですけど)
・締め切りを数年にわたってぶっちぎっていた本の原稿2章分を執筆
・依頼講演×2件

というのが,主なところだったのかな.他にもいろいろあった気がしますが,もう忘れました.忘年会も済ませたしw

◆で,事後のこととして成果があるわけです♪
 その一つが,先日書いた「生物系統地理学」の出版です.本当に大変だったのは監訳者のお二人と編集者のUさんであって,ぼくは10月末に再校をチェックしただけなんですよね.(5月には,早くしろという催促を受けつつ,GWの連休をまるっとつぶして訳を直してましたけど)

 しかし,皆様の御苦労もあって,↓こんなカッコいい本になりました.
Pc261945


 ページを開くとこんな感じ
Pc261946

 12/25に手元に届いたんですが,自分の担当パート以外は,どんな訳でできているのか見ていなかったので,届いた日は,ついつい他の仕事をさぼってこっちの本を開いてちらちらと読んでました.まだ最初のほうしか読んでませんが,それなりに皆に薦められるクオリティに仕上がってると思います.

◆さらに,申請した研究費については,予選突破の連絡が1件.
 研究費が一つでも採択されれば,来年度の予算が,ぼちぼち確保できるので,とても喜ばしいのですが・・・面接がセンター試験の前日って,どうよ!?
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

◆いずれにしても,世間が休みなので,オイラも年末年始はちょっと休みます.

 ちなみに,12/27は碧南水族館に用があって行ってきたのですが,国内では他に展示されてないホライモリがいて,かっこよかったです~

 ↓ホライモリ なかなか目にすることのできない超貴重ないきもの
Pc271948


 それと,12/28はアクアトトでフロッグカフェに参加.これも講演をされた松井先生の話も良かったし,なかなかイベントの雰囲気もよく,何人かの知人とも思いがけなく会って楽しく過ごせたので良かったです.こういう企画が根付くといいですね~.

| | TrackBack (0)

2008.12.24

くりすます

今夜は,いえっさの誕生日ということで世間は浮かれておるようですが,平日なのでこちらは通常営業中.年越しまでに終わらせたい宿題も,あと少し・・・

 と,いうことで,クリスマスイブだからなのか,研究室の学生諸氏は明るいうちに一人いただけで,夕方からは静かなものです.一人で実験でもしようと思ってプレートにクリムゾンTaqの液を分注していて,ふと気付いたんですが,白い96穴プレートに赤いクリムゾンTaqを入れて,緑のプレートラックに載せるとクリスマスカラーじゃね?

Pc241943_2

わー,きれーだねー(棒読み)

ま,どうでもいいことですがdown


 それはともかく,今日も教授会があったのですが,さすがに皆早く終わらせたかったのか,さくさく進行してました.普段からこのペースを激しく希望したいです.

 で,オイラは一人暮らしでありますから(ヨメは東京で働いております),平日にイベントごとがあっても別に盛り上がることもなく,プレゼントももらえるわけでもなく・・・と思っていたのですが,教授会の時に組合から組合員に還元ということで図書券いただきました.さらに,その後,同僚の先生からリンゴもいただきました.

Pc241944_2
 良い子にしてたからプレゼントが降ってきたんですかね?
(リンゴは2個あったんですが,1つは早々に食べてしまいました)


 なにはともあれ,年末まで,あと少し.
 なるべく宿題を残さぬようにがんばろうっと!

| | TrackBack (0)

2008.12.06

ジョン・C・エイビス著「生物系統地理学」 12/26発売予定

10月以来,積み上がった宿題を片付けるまではブログを書いてられないな,と思っていたら,早くも12月ですよ.
いろいろヤバイなぁ(;´д`)トホホ…

最近のできごととかは,まだ書きませんけど,1つお知らせというか,宣伝です.


ぼくも翻訳に関わったJohn C. AviseのPhylogeographyの訳本がついに発売されます.


<刊行内容>
『生物系統地理学—種の進化をさぐる』
ジョン・C・エイビス 著
 西田 睦・武藤文人 監訳
2008年12月26日刊行
定価(本体価格7600円+税)
ISBN978-4-13-060219-8


 東大出版会のサイトはこちら

(→以前書いてたサブタイは正しい方に修正しました 12/24)

 原著の出版からの年数が経っている割に,訳本の刊行スケジュールが非常にキビシかったので(←下っ端のぼくが,わがままを言ったりしてたので,余計に・・・スイマセン),いろいろ混乱気味なのかも.

 おいらは第II部の「種内系統地理学の実例」の担当訳者なので,著者割価格で買えます.年末年始に読むからすぐ買いたい,安く買いたい,という勤勉な方は,メールいただければと思います.

| | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | January 2009 »