« 深紅の・・・ | Main | 学会講演申込完了 »

2008.07.14

新兵器2:ぶんちゅうくん

◆先日の新型Taqですが,うちのエースパイロットに使わせたところ「電気泳動が非常にラクでした」とのこと.安くて手間も省けるとは良い製品ですな.

↓ゲルに入れて泳動したところ.色が薄いので移動距離はややわかりにくい.
P7111488_2_2


↓電気泳動結果.増えてないように見えるレーンは,何も入っていないので問題なしとのこと.
Dsc_1001


◆さらに,DNA抽出の作業で同じ種類の液を同じ分量ずつチューブに入れる作業を効率化するために,分注用のピペットを購入.連邦の白い奴っぽいデザインのE社の製品がキャンペーン価格だったので目にとまったからなのですが,ジオンっぽいデザインの老舗G社の製品の方が,(E社のキャンペーンより)本体価格が若干高いものの消耗品が安いのでG社のものを購入.

↓これ.正式な商品名だと言いにくいので,名前を訳して「ぶんちゅうくん」と読んでます.
P7141521

 別にこれは発売されたばかりのものではなく昔からある製品なのですが,使い勝手の良し悪しを知らないので手を出さなかったのです.しかし,アルバイトの学生が通常のピペットを使った分注に少し手間取っているのを見て,誰でも安定して出来る実験システム構築を目指している自分としては(というか,優秀な大学院生・ポスドクを多数擁するラボではないので,素人でもできる「熟練を必要としない」頑健なシステムが必須なのですが),導入を決意.
 毎月曜日にDNA抽出を手伝ってくれている1年生のKさんに使ってもらったところ,非常に好評でしたgood


◆最近のできごと

7/10(木) 昼に職場巡視をして,その後に学生2名と採集に.カワバタモロコの婚姻色を見て,自分だけ感動していました.
7/11(金) 1限に動物生態学で「性淘汰」の話.同じ講義も5年目ですが,過去4回は性淘汰の話を全くしていなかったのです.動物生態学の最も一般ウケしそうな部分であるものの,下世話な誤解を招くのがイヤで何となく敬遠していたのかなぁ,と自己分析.
 いずれにしても,毎年改良を加えているので,今年は血縁淘汰の話を削除して最適採餌理論とか性淘汰によるオス・メスの形態や行動の違いについての話をしました.性差というものが動物の世界では多様であり,一般的なイメージとして存在するオスらしさ・メスらしさのようなものは,実効性比がオスに偏る時に性淘汰によって生じるものであり,固定的なものではないということを説明.
 夜には実家に帰省.
7/12(土) 実家の集落で神社の「祇園祭」を手伝う.小さい村なので,朝から神社の飾り付けをして,昼に神主さんに来てもらって,午後には撤収という簡素なもの.用事が早く済んだので,彦根から長浜の道の駅で湖魚料理を研究用に仕入れてから岐阜のアパートに帰宅.
7/13(日) 休息日.
7/14(月) 前期の月曜日の授業は今日まで.夏休みまでカウントダウンです! さっさとツマラナイ講義なんて切り上げて研究したり採集に行ったり調査に行ったり論文書いたりしたいものです.

|

« 深紅の・・・ | Main | 学会講演申込完了 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/41837485

Listed below are links to weblogs that reference 新兵器2:ぶんちゅうくん:

« 深紅の・・・ | Main | 学会講演申込完了 »