« 新兵器2:ぶんちゅうくん | Main | 7/18-8/1 »

2008.07.17

学会講演申込完了

暑い日が続きますねぇ〜・・・

ということで,今日の午後は研究室に来ていた学生たちと共に岐阜では有名なかき氷屋に.フルーツがたくさん乗ったかき氷は好きなのですが,どうも甘すぎるなぁ.もう少しさっぱりしたところを探してみてもよいかも.個人的には,台湾で食べたマンゴーかき氷のおいしさが忘れられないのですが,それに匹敵する物は近隣にはないのだろうか?

◆まずは,前回のブログ以降の出来事.
 7/15が研究室のセミナーの日で定例の論文紹介と洋書輪読.
 7/16は午前中に学生の相手をしつつ,教職員組合のことをして,昼には組合の寄り合い,午後は教授会.教授会が早く終わったのがせめてもの救いか.

◆本日の7/17は今年の日本魚類学会年会の講演申し込み締め切りだったので,発表者である自分と4年生の講演要旨を仕上げて昼頃に無事申込み完了.その後,3年生の子に挑戦させていた○○○○○のmtDNA全塩基配列がついに全部決まったので,それらのお祝い?も兼ねてかき氷を食べに出たのでした.

◆ちなみに今日の午前中には,しばらく前に投稿した某魚のmtDNA全塩基配列ネタの論文のレフェリーコメントが帰ってきたのですが,若干downな気分も.基本的には,こちらの説明不足ということだと思うけど,短報の超過頁代は高いんだから図とかたくさん加えるようにコメントするのはやめてくれ weep

◆そんなわけで?,申し込んだ講演要旨の超速報的掲載.本番までにはデータがさらに増えるので発表内容には新情報も追加されるだろうけど,大枠は変わらない目処が立ってるので公表しといても大丈夫でしょうcatface
 とりあえずこういうネタに力を入れているので,うちの近所のオイカワ属が欲しければ送ってあげるよ,というスバラシイ方がおられましたら,是非是非よろしくお願いします.外来個体群のハスでも大助かりですhappy02


1)ハスのmtDNA多型にもとづく人為的分布拡大過程の解析
 早川明里・中島淳・河口洋一・鬼倉徳雄・○向井貴彦

 ハスは琵琶湖-淀川水系と三方湖に生息する魚食性コイ科魚類であり,琵琶湖産アユの放流に混入することで日本各地に移入している.移入個体群の定着が見られるのは大河川や湖沼に多いが,九州では様々な環境に広く定着しており,その定着過程や九州内での分布拡大についての知見は得られていない.そこで,本研究では九州におけるハスのmtDNAハプロタイプの分布を調査し,それらの各個体群が個別に琵琶湖から侵入・定着したものか,あるいは九州内部での定着後の分布拡大が生じているのかを推測した.
 調査に用いたハスは,福岡県・大分県・熊本県・鹿児島県で採集したものと,他地方の移入個体群である茨城県霞ヶ浦および原産地の滋賀県琵琶湖の個体を比較した.解析にはmtDNAのCytochrome b遺伝子のほぼ全長(約1kb)をPCRで増幅し,塩基配列を決定して用いた.その結果,茨城県の霞ヶ浦と福岡県の筑後川および遠賀川では複数のハプロタイプが見られたが,他の地点では特定のハプロタイプに固定している可能性が示された.また,各移入個体群には異なるハプロタイプが定着している傾向にあった.このことは,琵琶湖から個別に侵入定着するときに生じた創始者効果によって,それぞれ異なるハプロタイプが優占したためと考えられる.しかし,大分県北川には福岡県筑後川で見られたハプロタイプの1つが固定しており,熊本県菊地川と鹿児島県鶴田ダムは同じハプロタイプが固定していた.それらは比較的地理的に近い水系であることから,九州に定着後の二次的拡散が人為的に生じていることが示唆される.


2)日本産オイカワ属におけるmtDNAの系統と国内移殖の影響
 ○早川明里・中島淳・河口洋一・鬼倉徳雄・向井貴彦

 外来生物の侵入は生態系を攪乱するものとして注目されており,日本でも特定外来種の持ち込みは厳しく制限されている.国内での在来種の移殖については法律で禁止されていないが,純淡水魚の場合は地域間で魚類相が大きく異なっており,なおかつ種内の地理的分化が進んでいるため,国内の移殖であっても国外外来種と同じ問題を有している.そこで本研究では,コイ科のオイカワ(Zacco platypus),ヌマムツ(Z. sieboldii),カワムツ(Z. temminckii)について,地理的分化を明らかにするとともに琵琶湖産淡水魚の侵入・定着の現状を明らかにすることを目的とした.これらオイカワ属3種のmtDNAチトクロームb遺伝子の塩基配列を西日本各地で採集した個体について比較した結果,それぞれの種内に明瞭な地理的分化が見られた.九州北部においては,3種全てで琵琶湖産とは大きく異なるハプロタイプが分布していたが,オイカワとヌマムツでは琵琶湖産と類似したハプロタイプも見られる結果となった.しかし,九州北部で発見されたオイカワの「琵琶湖型」ハプロタイプは琵琶湖型グループ内で単系統になることから,在来の可能性も考えられる.また,島根県で採集されたオイカワのハプロタイプは琵琶湖由来のものと考えられ,山陰地方のオイカワの由来が移殖である事が裏付けられた.九州北部においてもハス(Opsariichthys uncirostris)などの国内外来種の侵入・定着が確認されていることから,琵琶湖産オイカワ属の侵入も生じていると考えられる.このため西日本における遺伝的攪乱の有無については,今後も検討が必要である.

|

« 新兵器2:ぶんちゅうくん | Main | 7/18-8/1 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/41888797

Listed below are links to weblogs that reference 学会講演申込完了:

« 新兵器2:ぶんちゅうくん | Main | 7/18-8/1 »