« January 2008 | Main | July 2008 »

April 2008

2008.04.30

4/1-4/30

なんだか疲れたなぁ〜,というのがこの一ヶ月の感想.あんまり具体的に書くわけにはいかないようなことも多いので,最近やったことをおおまかに書き残しておこうかな,と思います.

◆日本生物地理学会大会関連
 4月上旬が忙しかった理由の一つ.会計幹事なので決算して,監査をしてもらって,総会で報告して,4/12-13におこなった年次大会でも金銭管理をして,シンポのコーディネートもして,さすがに負担が大きいです.少なくとも,もうシンポの企画をぼくが立てることはないッス.

◆大学内のオシゴト
 今年度は学部の教務厚生委員をしているので新学期はじめのガイダンスをしたりとか,ぼちぼちと学生の世話を焼くオシゴトをしてます.それと,教職員組合の支部書記長でもあるため,新規採用された方々を勧誘したり,支部執行委員会を開いたり,議事をとったり,組合ニュースを作ったり・・・.しかし,教務厚生委員長と組合支部執行委員長を同じ先生が担当されていて,その負担の大きさを端で見ていると,自分の分の仕事程度で不平も言えないかな.
 また,今年は新1年生を相手にする機会が多く,一つは地域科学部の新入生全員が必修で受講する「地域研究入門」という講義で「生物多様性とサステナビリティ」の題目で1回講義しました.客が多くて,リアクションも悪くなかったし,書いてもらった感想もイイ感じだったので,とても良かったです.さらに,新入生の担任代わりとなる「教養セミナー」も担当の一人となり,「環境問題」関連で勉強するセミナーを開講.これも,一緒に手伝ってくださる先生方がいるおかげもあって,なんとかこなせているし,学生達も熱心な印象があるので悪くない感じです.

◆社会貢献っぽいこと
 暖かくなってきたこともあり,某希少魚の保護関係で会合やイベントが少し.県庁や市役所の担当の方々が異動されたので,雰囲気が変わったかな.また,県内の自然の現状把握に関するオシゴトも引き受けたので,同じ作業をする仲間の先生方と相談しつつ,いろいろ作業を進めつつあります.
 さらに,昔ながらの目的不明瞭な大規模公共事業を国交省が進めており,その事業の根拠となる報告書の内容のあまりの杜撰さにあきれたので,担当役所である木曽川上流河川事務所にお話を聞いたところ,何一つまともに質問に答えず,てきとうにはぐらかして事業を無理やりでも進める気満々なのがはっきりしました.なんの利権かよくわかりませんが,あまりにも不誠実なやり口に怒りを禁じ得ないので,その事業に反対するべきであることを確信しました.

◆その他
 あとは,学生の研究を進めさせるようにいろいろ手伝ったりしてると,それなりに時間も手間もかかるのですが,他にも締切を大幅に過ぎている翻訳本の原稿の校正が・・・
 この翻訳本については長らく音沙汰がなかったのが,最近になって急に,ビックリするような状態で校正依頼が来て,大いに戸惑いつつ進めております.メールで監訳者の方と相談して,ようやくいろいろな事情が見えてきましたが,訳者への連絡をもうちょっとちゃんとしてほしかったものです.
 とりあえず,仕事をする上で関係者間の情報の共有が,いかに重要かというのが最近は身にしみております.自分も充分にコミュニケーションのとれる人間ではないけれど,肝心の所で必要な連絡がなされていない状態でシゴトを進めるのはトラブルのもとですよね・・・

 新学期開始の慌ただしい雰囲気もそろそろ終わるし,この翻訳校正が一区切りつけば,もう少し落ち着けるはず・・・

| | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | July 2008 »