« July 2004 | Main | October 2004 »

August 2004

2004.08.24

科学ジャーナリズムの世界

科学ジャーナリズムの世界
日本科学ジャーナリスト会議 編 化学同人 (2004年7月)

 大学生協で衝動買いしてみた本.日本の科学ジャーナリズムなんて技術偏重で科学の本質なんて全く分かっちゃいないくせに! と思っていたのだが,この本を読んで結構印象が変わったかも.ま,技術偏重なのは相変わらずでどうしようもないのだが,いろいろと学べるところも多かったと思う.

 特に,(医療問題や原子力問題を想定してだとは思うが)科学者は独自の価値観で暴走する可能性があるので,耳の痛いことを書いて批判するというのは科学ジャーナリストの役割というのが,内容中に何度か出てきたのは印象に残った.たしかにそういう役割は必要である.自分がイメージしていた「良い科学ジャーナリスト」というのは,「フィンチの嘴」のジョナサン・ワイナーなどのような科学の論理や方法,生き生きとした現場の姿を伝えてくれるものを期待していたのであって,批評者の存在を認めていなかったことに思い至らされた.

 ただ,批評者ばかりで.適切な科学の解説者がほとんどいないんじゃないの・・・? という気もするのだが(苦笑)それでも,さまざまな制約のある中で,一生懸命勉強して報道しようとする科学ジャーナリストの姿が伝わってくるし,現場の経験談は興味深い.

 また,各章はさまざまなメディアや分野における現状分析だったり経験談だったっりするので,読む人によって興味を持つ部分は違うとは思うが,個人的には,「2章 科学は市民にうまく伝えられているか」における新聞で科学記事を書くことの難しさなんかは,読み始めてさっそく,なるほどと思った部分である.その一節として次のような記述がある.

 新聞には「人を描け」という原則がある.記者になりたての新人は,地方の支局などで徹底的にこれを教え込まれる.だれかの家の庭に珍しいバラが咲いたとき,そのバラが植物学上でどれだけ貴重か,ほかのバラと構造がどう違うかを詳しく書いても,その記事は失格.支局のデスク,つまり原稿の責任者からは,「バラのことをくどくど書くな.それを育てた人がどんな人物か,その苦心談を書け」といわれる.

 だから,人間関係や人物像を書く事件記事は新聞と相性が良く,客観性を求める科学とは相性が悪い,と.

 これを読んで,なるほどぼくが日本の科学ジャーナリズムに不満があったのはこれかと,よくわかったのである.たぶん,科学とは無縁の人にとっては,そういう気持ちだとか物語性のみが求められるし,それに応えるようにしていると科学的成果の内容とか是非は二の次三の次としておざなりにされるわけである.本の中には書かれていなかったが,この新聞記者体質が故に,よりおもしろいエピソードを提供するキャラの立った「研究者」を重視し,その内容がとんちんかんでダメポなものでも,重要で適切な研究よりも大きく報道するのだろう.

 他にも,テレビの科学番組の作り方とか,ジャーナリズムにとってのネットの重要性とか,いろいろ興味深いところもあるし,全体を読むと日本社会の科学観などが垣間見えておもしろかった本である.

| | TrackBack (0)

2004.08.02

遺伝学でわかった生き物のふしぎ

遺伝学でわかった生き物のふしぎ
ジョン・エイバイズ著,屋代通子訳 築地書館 2004年


 DNA分析をおこなって生物地理や保全に関する研究をしている研究者や大学院生にはよく知られているJohn C. Avise氏の著書の初邦訳.原著はGenetics in the Wild

 原著者のジョン・エイバイズ氏は1980年代から発展した遺伝子解析の技術を野生動物の分類・系統・生物地理などに幅広く用いて,Phylogeography(生物系統地理学)という分野を創出した人物で,専門家や大学院生には同著者の「Molecular Markars, Natural History and Evolution」や「Phylogeography」のほうがよく知られているかもしれない.

 遺伝子解析のような分子生物学の研究と野生動物を扱う野外研究は,どちらかといえば生物学の中の両極端のような印象もあるし,実際にどちらか一方の技術にのみ長けた研究者の方が圧倒的に多いのだが,実際に野外に出て生き物に触れながら,その遺伝子を調べることで生物の歴史的・空間的多様性を知る研究は非常にイマジネーションを刺激するし,その成果をわかりやすく多くのナチュラリストと共有するための本は重要である.「遺伝学でわかった生き物のふしぎ」は,そうした野生生物の遺伝子解析が,いかにおもしろい現象を明らかにしてきたかを豆知識のような小話の形で楽しく読ませてくれる.訳者が生物の専門家ではないために不自然な訳語も多いが,その点にさえ気を付ければ,それほど問題はないだろう.また,わかりやすくするために表面的な成果の紹介に留まっている面もあるが,巻末に各話の元になった原著論文が引用してあるので,興味を持った話については原著論文を入手して読めばいいので,専門家にとっては新しい研究をするためのネタ帳として使えるかもしれない.

 個人的には,純粋な生物学的な話は知っているものが多かったので(ネタ元の原著論文を読んだことがあるのもちらほら),「野生の法医学」と題して紹介されている一連の話がおもしろかった.漢方薬で鰭脚類(アシカ・オットセイ・アザラシなど)のペニスとして売られているものには犬や家畜や水牛の組織が多いとか,アメリカで食用のカメ肉として売られているものの二割くらいはワニ肉だったりとか,高級キャビアの調査したうち23%はラベルと違う種類のチョウザメの卵で,その多くは密漁された絶滅危惧種のチョウザメの卵だったりといった話が,なんともいい加減な食品表示を如実に表していて興味深い.日本でも,某大手食品メーカーの魚卵は表示と違うという噂を小耳に挟んだことがあるし,数年前に東南アジア某国から輸入を検討している魚加工品を現地企業がチチブだとかマハゼだとか言ってるのは本当でしょうかと問い合わせを受けたこともある.たぶん「加工しちまえばバレないさ」と思ってるんでしょうけど・・・

 それから,「遺伝学でわかった生き物のふしぎ」の中の「地球上でもっともありふれた脊椎動物は?」という話の元は,宮正樹氏(千葉中央博)と西田睦氏(東大海洋研)が書いたユキオニハダカという深海魚の論文の内容を紹介したものである.極楽ドンコの書いた論文もエイバイズ氏の「Phylogeography」の方では引用してもらっているのだが,一般書で紹介してもらえるほどのものではないので・・・がんばっておもしろい研究をするようにしたいものである.


 ちなみに,米国ではエイバイズ氏の自伝が高く評価されているらしいのだが,その表紙は水辺で胴長を履いてたも網でカメを捕まえているエイバイズ先生の御写真が・・・・いやぁ,もう親近感たっぷりです.→自伝の表紙

| | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | October 2004 »