« 外来種対策法 | Main | メダカとヨシ »

2004.02.09

深海のパイロット

「深海のパイロット 六五○○mの海底に何を見たか」 藤崎慎吾・田代省三・藤岡換太郎著 光文社新書 315pp.


 まっとうな科学ドキュメンタリーで,しんかい2000,しんかい6500の開発経緯や活躍,その科学的成果などをわかりやすく描いている.書かれた動機が,JAMSTECの法人化による予算不足によって2002年11月11日を持ってしんかい2000の運航が無期限停止したのが,潜水調査船の挙げてきた成果や必要性のアピール不足と思われたためだと言うのが,なんともシビアで痛々しいが,同様の事態は今後の基礎研究の多くに降りかかるのである.

 内容的には,ぼくのような深海の素人(←東大海洋研にいたのにね(苦笑))には非常に勉強になったし,しんかい2000と6500のそれぞれの利点,欠点(2000の方は試作機的な役割があったので,総合的にはもちろん6500のほうが優れている),開発過程での問題点などの話もおもしろいし,海底の熱水噴出孔調査の工夫や,海外の潜水調査船との調査技術の競い合い,深海に沈められた漁具(かごなわ)にしんかい2000が引っかかってピンチに陥った話など,興味深いエピソードがいろいろである.

 小説などのフィクションで潜水艦ものはいろいろあるが,やはりノンフィクションもちゃんと押さえた上で,そうしたフィクションを楽しみたいものである.

 他にも,海底に大量にスーパーの袋が吹きだまっている様子などは,知らず知らずに地球上をすみずみまで汚していることがわかるので心苦しい.奇しくも今夜(2004/2/8)のテレビ番組「素敵な宇宙船地球号」(←この恥ずかしいタイトルさえなければ,いい番組だと思うんだけど)でレジ袋の問題を取り上げていたけれど,本当に何とかしなければいけないと思う.テレビではバングラディッシュでレジ袋のせいで洪水が増えた話をしていたけれど,日本のような急峻な地形では,地上よりも海底をいつの間にか汚しているわけで,もっと啓発していくべきことかもしれない.

|

« 外来種対策法 | Main | メダカとヨシ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/179091

Listed below are links to weblogs that reference 深海のパイロット:

« 外来種対策法 | Main | メダカとヨシ »