« 魚の目から見た越辺川 | Main | 外来種対策法 »

2004.01.19

アメリカへ行こう!

外来種としてのブラックバス問題については,いろいろ取り上げてきたのですが,日本国内でちまちまと世間に後ろ指さされながらブラックバスを釣るよりも,どうせなら本場アメリカに渡って思いっきりバス釣りを楽しみましょうよ!

 今のところ,ツアー料金はまだ高いようですが,海外の航空運賃は安くなる一方なので(H.I.Sなんかだと4万円くらいでUSAと往復できるし,外国の航空会社を使えばもっと安いのもあるみたい),客が増えれば安いツアーもできるんじゃないかな? つり人社とかも,国内で政治家相手にごしょごしょやるくらいなら,安く楽しくアメリカでバス釣りできるシステムを作りましょう! 是非!

 とりあえず,ググッて見つけたアメリカバス釣りツアー関連サイト

Access!海外バスフィッシング
空の旅~American Bass Fishing
GRANBASS Fishing Tour
Japanese Bassres Network

 あと,最近,一部で話題のこのblogの過去ログで,ブラックバス問題に関する部分へのリンクを記しておきます.決して,ぼく自身釣りがキライなわけでもなければ,ブラックバスそのものを憎んでいるわけでもないんですよ.在来の生物が生き続けられる環境を維持するために必要なこととして,日本国内でのバス釣りを批判しているのです.


「警告! ますます広がるブラックバス汚染」
「ブラックバスがいじめられるホントの理由」
「川と湖沼の侵略者 ブラックバス」


 「ブラックバスがいじめられる~」と「ブラックバス汚染」には,コメントが付いて多少議論が伸びてます.
 その他,関連するものとして,以下のサイトを記しておきます.

ゼゼラノート
 1/15にこちらの書評(というより読書感想文ですけどね)を紹介したサイト.あちらで「ダブルスタンダード」と書かれてしまいましたが,ゼゼラ氏の「ブラックバスがいじめられる~」は中立的立場で論じるとしておきながら,一方に肩入れした内容であるから,その部分を批判したのであり,ぼくの感想文は,バス駆除肯定の立場から読んだ感想を記しただけで,最初から明らかに一方に荷担しております.

2chスレ 【過疎】バス害魚論 10匹目【マターリ】
 このスレの558以降が,ゼゼラノートでこのblogが紹介されて以降のもの.

|

« 魚の目から見た越辺川 | Main | 外来種対策法 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/114820

Listed below are links to weblogs that reference アメリカへ行こう!:

« 魚の目から見た越辺川 | Main | 外来種対策法 »