« ブラックバス汚染 | Main | コクチバス繁殖抑制マニュアル »

2003.12.18

日本に魚は何種いるのか

「日本に魚は何種いるのか -既知種と未知種をめぐる問題ー」
松浦啓一・瀬能宏 (2004) 生物科学 第55巻第2号 79-86pp.

 本ではなくて,和文の論文の紹介.この論文は,もともとは2003年の1月に日本分類学会連合のシンポジウムで話された内容を文章にまとめたもので,日本にどのくらいの種数の魚がいるのかを推定している.文章と図表の対応がイマイチで,あんまり良く練られた内容ではないものの,日本を模式産地として記載された種の増加を示すグラフなどは,まだまだ記載が終わっていない右肩上がりの図になっていて,「へぇー」って感じである.
 しかしながら,いろいろな魚の分類群でまんべんなく新種が見つかっているのかというとそんなことはなく,魚類分類学者にアンケートした結果だと,未記載種として報告を待っている大半(350種中203種)はハゼ科魚類である.いやはや,なんとも,ハゼの多様性は・・・.

 ちなみに,分類学会連合のサイト内の「日本産生物種数調査」のところから,日本産魚類全種リストのエクセルファイルがダウンロード可能である.

|

« ブラックバス汚染 | Main | コクチバス繁殖抑制マニュアル »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5018/34153

Listed below are links to weblogs that reference 日本に魚は何種いるのか:

« ブラックバス汚染 | Main | コクチバス繁殖抑制マニュアル »